ネトウヨ天狗党

「攘夷」という概念があって、これはなかなかややこしい概念なんだが、開国しようという幕府に対抗して天皇家を持ち上げ、幕府を倒したら何故かみんな開国派に鞍替えして、攘夷なんて言葉はどっかに行ってしまう。そもそも攘という字が怪しい。

①はらう。追いはらう。のぞく。「攘夷(ジョウイ)」
②ぬすむ。よこどりする。「攘窃」
③ゆずる。間に入れてやる。 類譲
④みだす。みだれる。「擾攘(ジョウジョウ)」

払う、盗む、譲る、乱す、どれもが「攘」らしいw で、ネトウヨ天狗党だ。

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」に登場している幕末の水戸藩士、武田耕雲斎(1803?~65年)のゆかりの品々が、岐阜県美濃加茂市太田本町の旧中山道太田宿にある。水戸天狗党の総大将として、この地を通った時に残したと伝わる。11日の同番組では、天狗党騒動の始まりとなる桜田門外の変が放送される予定で、地元・太田宿中山道会館では町内ゆかりの品を写真付きのパネル展示で紹介し、天狗党と太田宿の歴史に光を当てている。
 天狗党は、水戸藩の元家老の耕雲斎ら旧藩士らで構成した武装集団で、攘夷(じょうい)を唱えて元治元(1864)年秋に挙兵した。前藩主の子で京都にいた一橋慶喜に嘆願しようと、約1千人が水戸から中山道を西に向かったが、頼みの慶喜が天狗党制圧に乗り出したため降伏。耕雲斎ら約350人が、今の福井県敦賀市で処刑された。

幕末のネトウヨが天狗党となって大騒ぎした挙げ句に、武装蜂起するものの、なんの成果も挙げられずに集団処刑w やったのは藩内の対立勢力との果てしない殺し合いだけw 外国人を一人でもやっつけたのかとういうと、そんな事はない。自分たちで殺し合いやってただけ。江戸時代の治安体制というのは市民の自治に任されていた部分が大きく、幕府にしても藩にしても、たいして武装していない。たとえば伊豆では、三島と韮山と下田に代官がいるんだが、ひとりの代官の下にせいぜい10数名の手下がいて、でもそれは事務官です。だから、たかが1000人の野合の衆が暴れただけで大騒ぎになる。そもそも、長く続いた平和で、武士が武道の鍛錬をしたりすると「謀反の企みでもあるのか?」と勘ぐられて、ヘタすりゃお家取り潰しだ。時代劇見ていると武士がせっせと修行しているが、治安の悪かった幕末だけで、江戸時代のほとんどは武道なんか流行らなかった。だから韮山代官の江川太郎左衛門は近所の農民を集めて「農兵隊」を作った。ペリーの黒船が来た時に、この農兵隊が三越で仕立てた揃いの軍服を着て、最新型の銃を持ってお迎えします。黒船の兵隊が持っていたのは旧式のマスケット銃で、日本側の方が装備が新しかった、というのは、あまり知られてないが事実です。その江川太郎左衛門は早死するんだが、「水戸の殿様に暗殺された」「という噂があったらしいw

【岐阜新聞】大河ドラマ「青天を衝け」にも登場 水戸天狗党の武田耕雲斎ゆかりの品が美濃加茂市に伝わる

そのころアメリカは南北戦争の真っただ中でした。カリフォルニアではゴールドラッシュのおかげでド田舎だったサンフランシスコの人口が15万人に膨れ上がりました。ワイアットアープが出てくるのはもう少し後です

確か江戸時代最大の反乱だったっけ?

↑大坂の陣、天草の乱、戊辰戦争を下回ると思うが。

幕府瓦解につながる幕末動乱最初の戦い。

↑それほどでもないが、水戸藩を二分して、
根絶やしまでやるので、水戸藩の人口、
特に武士階級はがくんと減って人材不足になるという、
悲惨なやつ。

これがなけれな、維新後、もう少し旧水戸藩士も活躍できただろうな。

武田耕雲斎て、暴動を止めに行ったら巻き込まれて
あちこちで騒乱を起こした挙句に降伏し
首を切られて終わったという

その後尊攘派が歴史的に勝利しなかったら終わってた

攘夷派が勝ったなんて歴史はない。

小学生落第のままその歳になったのか歯欠けハゲ?

天狗党って「尊王攘夷」という建前だけを見ると
高潔な思想を持った集団のように思えるけど、
こいつらまさに朱子学によって洗脳されたキチガイ集団だよ。
自分たちの軍資金を調達するために商家などを脅して軍資金を
要求し、従わないと放火したり乱暴を働いたりしていた。
だから、水戸藩ですら、天狗党に対しては取り締まりをせざるを
得なかった。
朱子学の影響を受けるとこうなるんです。
薩摩藩の西郷や大久保は陽明学を学んでいたので、農民や商人に

高圧的な態度をとることはなかった。朱子学はキチガイ養成の学問です。

↑その通りだが、朱子学は政府公認というより政府採用で、強く推奨の学問だ。

天狗党っていまだとネトウヨが銃を持っちゃったみたいな痛さがあるよな。

幕府歩兵隊がもうちょっとましな連中だったらすぐ鎮圧されてたろ。

なんだ山田風太郎の
魔軍の通過じゃねえよ誤変換だよ
魔群の通過のあれのモデルかよw結構おもしろかった。
通過される各藩が、カネも人も武力もねえから
いかにして事を荒立てずに通過させるかみてえな。
小藩のしょぼさや江戸末期の幕藩体制での現実の武力の

しょぼさ情けなさが痛切に出てた

血で血を洗う水戸の内戦とか天狗党の悲惨な最期とか、

大河でやるのか。すごいな。

↑渋沢も一橋の家来として色々絡む話やから、ある程度触れなきゃ…とは言えNHKのドラマやしなw
水戸は御一新まで一族誅滅に近い粛清の応酬やってた話は最近知った。 朱子学の理屈を醸造して水戸学が形成された末の惨事と言えば身も蓋もないかな?
大陸・朝鮮半島からの輸入モノで最も日本に厄介な影響与えたのは朱子学かもな…成り上がりの太閤さんには取り付く島も無かったが、後醍醐天皇から東照神君やらが用いた理屈が下手すりゃ現代の学会に迄影落としてるんだから。

南鮮な連中の反日嗜好も朱子学の頑迷固陋さ由来のモンかもな…支那で言う 報讐雪恨 やら 九族誅滅 やらを正当化する理屈としては適当なのかも知れん。

一部の愛国無罪みたいな馬鹿が暴虐の限りを尽くして嫌われ者になってしまうんだよな。

維新志士と尊皇攘夷との関係はあやふやでそうはっきり区別できるものではない

徳川御三家で尾張が真っ先に幕府側裏切って攘夷派に付いて幕藩派の梯子外したのは知ってる

そもそも尊皇攘夷で弱らせなければ大政奉還もできなかったよw
健在な幕府が奉還してと言われて素直に奉還に応じるとおもう?

やたや尊皇攘夷はテロ!悪!大政奉還派は善!正義!に無理矢理区別したい人って、実はこの二つがどちらか欠けても歴史上の結果には繋がらなかったという大観が出来ない人なのかな?

江川太郎左衛門がなんで、最新式の銃を何十人分も揃えられたのかというと、「自宅の庭で作った」からです。抜け目なく西洋の情報を仕入れていて、自宅の庭の溶鉱炉で鉄を溶かして、西洋でも最新式の銃を作っていた。おいらが書いているので、転載しよう。ペリー来航の前に、江川さんが英国船を追い返した時の話です。

時は1849年、嘉永二年閏四月、英国の軍艦マリナー号が日本の沿岸にあらわれ、相模湾で勝手に測量を開始、さらに下田に移動し、そこでも勝手に測量をはじめ、下田奉行の退去要請を無視して動かなかった。以前から外国船の出没に懸念を感じていた江川英龍公は、ここで韮山代官として立ちあがる。

当時は幕府も緊迫財政で貧しかったため、役人が粗末な衣装だったのでバカにされたのだ、と、三越デパートから最高級の陣羽織と袴を取り寄せる。ふだんは木綿の単衣物しか身につけない江川さんの、立派な姿にみんな驚いたそうです。この時身につけたのが、蜀江の錦と呼ばれる袴ですね。こちらに写真があります。三越ってのも与太じゃないよ。当時は「越後屋」と言って、すでに有名な呉服屋だった。部下の手代にも新調の割羽織を着せ、さて、率いる部隊は総勢50名の兵士たち。全員、最新式のドンドル銃を担ぎ、揃いの高島流軍服です。

その数年後にやって来るペリー提督が持っていたのが火打ち石の銃だったというんだから、雷管式のドンドル銃というのは、1849年当時では最新鋭ですね。英国軍のマセソン中佐も、まさか、それが江川さんちの庭で作られたモノだとは思わなかっただろう。ついでに言うなら、50人の兵隊というのも、近所の百姓です。いわゆる農兵ですね。江川さんは農兵の元祖です。これが、「右向け右」「前へ進め」と号令一下、整然と行進するわけだ。この号令も江川さんの発明です。高島流軍学ではオランダ語の号令でした。百姓はオランダ語は判らないから、江川さんが翻訳したのです。で、この半ばハッタリの威力でマリナー号を追い返すんだが、おかげで日本はイギリス領にならずに済んだわけだ。おいら、この時の銃は「パーカッションロック式」だと思っていたんだが、「ドンドル式」だったらしいという、まぁ、そんな話です。

この江川さんを潰したくて、水戸の殿様はいろいろとやるわけです。幕府は国を売ろうとしている、攘夷だ攘夷だ、売国奴を殺せ! とテロを起こし、国をメチャクチャに混乱させる。挙げ句、自滅。あの時代の歴史を見ると、どう考えても幕臣側に優秀な人材が多いんだが、馬鹿で乱暴な叛乱者にやられてオシマイw ほとんど非武装だった江戸幕府は、あえなく滅亡。権力を奪った簒奪者は、小さい政府から大きい政府にモデルチェンジし、攘夷どころか今じゃアメリカの植民地だw みんな水戸が悪い。

水戸藩はネトウヨの元祖、大洗はネトウヨの聖地、長州は下衆い下級武士が国を乗っ取り今に至る。その末裔が安倍晋三。


國家が外敵によつて倒されるといふのは歴史上實は少ないらしい。外敵の關與はあるにしても、結局は内紛によつて自壞するといふのが御約束といふ譯だ。徳川の血を殘す爲に朝廷を重んずる家を設定して置いたのだらうが、多樣性が禍ひして敵に鹽を送つてしまつた格好か。

外敵の存在は兎も角、徳川政權が滅んだのは徳川の自業自得としても、その後の政權が今につゞくお手盛り賣國政權であるのは先づは薩長の所爲だらう。水戸や徳川本體が惡い譯ではない。今につゞく琉球の彈壓など薩摩時代からの傳統であるし、醫大・醫學部設置の東西の偏りなども併せて、倭國政府の暗黒・不可解部分の始まりは維新や薩長にあることが多いのだ。


やらせBLM、ポートランドとミネアポリスで暴動、略奪。大坂なおみはこの惨状をどう思う?

http://totalnewsjp.com/2021/04/14/blm-9/

中共製PCRテストに混入されていたモルゲロン、何とドイツではこのモルゲロン入り中共製PCRテストが義務化されていますが、動画の本編では中共製マスクにもモルゲロンが確認されております。もうこの国ヤダー(ゲロゲーロ!!)

次回のコメントから国名を中共モルゲロン国に変更します。ああモルゲロンモルゲロン。


江戸時代、水戸徳川氏を置くために秋田に追われた大名の佐竹氏が美女ばかり連れて行って、水戸には不細工な女しかいなくなったので、男たちの気性が荒くなってしまったという。

女が不細工なイギリスやオランダの男たちは、海に出て行った。港々に女ありである。

水戸の男たちも海に出ていけばよかったのに。


コーウンサイ=武田の重臣の家系に過ぎんのに武田姓を名乗ったので疎まれていたw
藤田小四郎の影に過ぎんカッタがセキニン取らされて首チョンパ冴えない塵逝の典型W


令和の家康キシダ

広島補選ですが菅は予防線を張りました
「広島で負けたのは岸田文雄の力不足」
楽勝ムードが毎日ショックで自民大混乱の模様
アレアレ、何か間違っていませんかー♪
補選の原因は河井夫妻広島広域買収事件です

=====河井夫妻買収事件======
主犯 安倍晋三 私恨を晴らすため溝手氏の選挙区に河井杏里を擁立
共犯 二階&菅 税金から賄われる選挙資金を河井夫妻に渡す

この補選で大敗すれば当然ながらケジメを求められるのは安倍晋三
あと選挙資金の流れを明確にする事も必要になる
ホテル領収書と広島買収事件の後始末が安倍晋三に求められるわけだ
マスコミを利用して再登板を狙っているが逮捕されんぞ、馬鹿www

しかし驚きのは岸田だよね
安倍に玩具にされ仲間を潰され、それでも文句さえ言わない
俺が部下なら速攻逃げるわwwww
苦労人で思い出されるのは徳川家康
幼年期は今川の人質
織田信長の配下にいたころは長男と嫁の命を信長に捧げている
もう異様なほどの忍耐力で結果は天下人
有能な部下に恵まれたのと軍事力と政治力を兼ね備えていたこと
決して運だけで天下人に上り詰めたわけじゃない

結論!岸田文雄は天狗党にも劣りますwwwwwww