可愛少女蓮花太子】

台北のようだが、道教の神さま「蓮花太子」に扮した少女が旗と剣を持ってお参りして踊るという動画です。蓮花太子というのは毘沙門天の三男で、哪吒三太子とも言う。

蓮の花や葉の形の衣服を身に着け、乾坤圏(円環状の投擲武器)や混天綾(魔力を秘めた布)、火尖鎗(火を放つ槍)などの武器を持ち、風火二輪(二個の車輪の形をした乗り物。火と風を放ちながら空を飛ぶ)に乗って戦う姿は『封神演義』『西遊記』などの民間説話や小説などでなじみ深く、道教寺院でもこのような姿で表される。

最後にはトランス状態になって少女が倒れます。道教というのは日本人にはあまり馴染みがなくて、このキャラもあまり知られてないが、西遊記に登場するそうです。