アレルギー性咳止め治療のための6つの最高のホメオパシー薬。

アレルギーの問題、気管支喘息、慢性気管支炎は現在、世界のあらゆる地域で一般的に発生している健康問題です。それらは、ほこり、花粉、それ自体への暴露のような複数の病因的要因を持っています…

アレルギーの問題、気管支喘息、慢性気管支炎は現在、世界のあらゆる地域で一般的に発生している健康問題です。それらには、ほこり、花粉、間接喫煙への曝露、食生活の誤り、食物アレルゲン、化学的刺激物(殺虫剤)、冷気を含む温度不耐性、怒りや恐怖などの極端な感情的覚醒のような感情的要因、極端なストレスレベルなどの複数の病因があります。特定の薬でさえ、慢性気管支炎や喘息を引き起こす可能性があります。外部刺激因子に加えて、免疫系はアレルギーや喘息の症状を明らかにする上でも重要な役割を果たします。私たちの免疫システムが通常無害であると見なす私たちの体に入る多くのものがあります。しかし、アレルギーのある人では、免疫システムは誤ってアレルゲンとして知られているこれらの無害な物質を潜在的な脅威と見なし、反応を開始します。それでは、体の免疫力が無害な物質に激しく反応するのに対し、別の非アレルギー性の人の同じ免疫力は反応しないアレルギーのある人をどのように定義することができますか。アレルギーのある人と非アレルギーの人をどのように区別できるか。アレルギーのある人と非アレルギーの人を区別するものは何ですか?答えは過敏症です。あるアレルギーの人は特定のアレルゲンに対してより過敏ですが、健康な人はそうではありません。あるアレルギーの人は、その人に有害であるのに対し、健康な人には無害である特定のアレルゲンに対して過度の感受性を持っています。それでは、体の免疫力が無害な物質に激しく反応するのに対し、別の非アレルギー性の人の同じ免疫力は反応しないアレルギーのある人をどのように定義することができますか。アレルギーのある人と非アレルギーの人をどのように区別できるか。アレルギーのある人と非アレルギーの人を区別するものは何ですか?答えは過敏症です。あるアレルギーの人は特定のアレルゲンに対してより過敏ですが、健康な人はそうではありません。あるアレルギーの人は、その人に有害であるのに対し、健康な人には無害である特定のアレルゲンに対して過度の感受性を持っています。それでは、体の免疫力が無害な物質に激しく反応するのに対し、別の非アレルギー性の人の同じ免疫力は反応しないアレルギーのある人をどのように定義することができますか。アレルギーのある人と非アレルギーの人をどのように区別できるか。アレルギーのある人と非アレルギーの人を区別するものは何ですか?答えは過敏症です。あるアレルギーの人は特定のアレルゲンに対してより過敏ですが、健康な人はそうではありません。あるアレルギーの人は、その人に有害であるのに対し、健康な人には無害である特定のアレルゲンに対して過度の感受性を持っています。アレルギーのある人と非アレルギーの人を区別するものは何ですか?答えは過敏症です。あるアレルギーの人は特定のアレルゲンに対してより過敏ですが、健康な人はそうではありません。あるアレルギーの人は、その人に有害であるのに対し、健康な人には無害である特定のアレルゲンに対して過度の感受性を持っています。アレルギーのある人と非アレルギーの人を区別するものは何ですか?答えは過敏症です。あるアレルギーの人は特定のアレルゲンに対してより過敏ですが、健康な人はそうではありません。あるアレルギーの人は、その人に有害であるのに対し、健康な人には無害である特定のアレルゲンに対して過度の感受性を持っています。

アレルギーの種類:多くの健康障害はアレルギー反応によって引き起こされます。最も一般的なものを以下に示します

アレルギー性気管支喘息

これは、さまざまな再発性の症状、可逆性の気流閉塞、および気管支痙攣を特徴とする気道の一般的な慢性炎症性疾患です。症状には、喘鳴、咳、胸部圧迫感、息切れなどがあります。それは様々なアレルゲンまたは刺激物によって引き起こされます。アレルギー性喘息では、気道がアレルゲンと接触すると、免疫系が反応して化学物質を放出します。これらの化学物質は、気道の周りの筋肉を引き締めます。炎症、腫れ、および気道内の粘液の蓄積は、さらに狭窄を引き起こします。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、鼻気道のアレルギー性炎症です。花粉、ほこり、動物の皮屑(脱落した皮膚や髪の毛の粒子)などのアレルゲンが、免疫系が敏感な人に吸入された場合に発生します。くしゃみ、かゆみ、涙目、鼻腔の腫れや炎症、粘液産生の増加を引き起こします。アレルギー性鼻炎を引き起こす同じ要因の多くは、アレルギー性気管支喘息発作も引き起こす可能性があります。

じんましんまたはじんましん

じんましん(またはじんましん)は、淡い赤、隆起した、かゆみを伴う隆起で有名な一種の皮膚発疹です。じんましんはしばしばアレルギー反応によって引き起こされます。ただし、多くの非アレルギー性の原因があります。6週間未満続くじんましん(急性蕁麻疹)のほとんどの症例は、アレルギーの引き金の結果です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚の発疹の一種です。「アトピー」という用語はアレルギー状態を発症する傾向を指し、「皮膚炎」という用語は皮膚の腫れを意味します。アトピー性皮膚炎は湿疹と呼ばれることが多く、これはいくつかの種類の皮膚の炎症の総称です。都市や乾燥した気候に住んでいる人は、この状態になる可能性が高くなります。アトピー性皮膚炎は通常、幼児期に発症し、10代まで続きますが、すべての年齢の人々に影響を与える可能性があります。

アレルギーの病因

私たちの体の免疫システムは、私たちの体に入る異物やタンパク質を認識して攻撃するように設計されています。私たちの免疫システムが通常無害であると見なす私たちの体に入る多くのものがあります。しかし、アレルギーのある人では、免疫系が誤ってアレルゲンとして知られているこれらの無害な物質を潜在的な脅威と見なし、反応し始めます。ここからアレルギー反応が始まります。アレルギー反応のカスケードは次のようなものです。リンパ球は、免疫とアレルギーの両方で重要な役割を果たす白血球です。それらは、Tリンパ球(T細胞)とBリンパ球(B細胞)の2つのタイプに分けられます。B細胞はIgEのような抗体を産生し、T細胞によって刺激されたときに異物を破壊するのを助けます。IgEが生成されると、そのアレルゲンを特異的に認識し、将来の曝露時に認識します。肥満細胞と好塩基球は、アレルギーカスケードの次の主要なプレーヤーです。各肥満細胞には、表面に結合するIgEの受容体部位が100,000を超えています。これらの細胞へのIgEの結合は、爆弾のヒューズのように機能します。各肥満細胞と好塩基球には、1000を超える小さなパケット(顆粒)が含まれている場合があります。これらの顆粒のそれぞれは、化学メディエーターと呼ばれる30以上のアレルギー化学物質を保持しています。感作された個人が特定のアレルゲンに再びさらされると、IgEはこのアレルゲンに結合する準備が整います。これが起こると、肥満細胞と好塩基球が活性化され、顆粒から爆発的に多くの化学物質を放出し、最終的に私たちが見たり感じたりできるアレルギー反応を引き起こします。これらの化学物質が体内で放出されるところはどこでも、アレルギー症状を示します。これらの化学メディエーターの中で最も重要なのはヒスタミンです。組織または血流に放出されると、ヒスタミンはほとんどの細胞の表面に存在するヒスタミン受容体(H1受容体)に付着します。この付着は、血管、粘液腺、および気管支に特定の影響をもたらします。これらの影響は、鼻、喉の腫れ、くしゃみ、かゆみなどの典型的なアレルギー症状を引き起こします科学記事、そして口蓋。アレルギー性体質の人は、より多くのIgE抗体の産生を開始する過敏性免疫システムを持っています。

ホメオパシーアレルゲン免疫療法(HAI)

ホメオパシーは、活動亢進した免疫系を正常に機能する免疫系に調節し、アレルギーの治療効果を長年にわたってもたらします。
ホメオパシーは症状を改善し、あらゆる薬のシステムからの長期的な投薬の必要性を減らすことができます
マルチケアホメオパシーでサタパシー博士によって開発されたホメオパシーネブライザーと一緒にホメオパシー経口薬は、急性状態のアレルギー症状を制御するための即時効果をもたらします。
ホメオパシーは喘息の発症を予防する可能性があります
ホメオパシーは、さまざまな物質に対する新しいアレルギーの発症を防ぐ可能性があります
ホメオパシーは、上気道アレルギー性疾患からアレルギー性喘息への進行を防ぐのに役立つ可能性があります。