ジヒドロコデイン錠について知っておくべきことすべて

ジヒドロコデイン錠は、発熱、腫れ、中等度の痛みの治療に効果的に使用される併用薬です。オピオイド鎮痛剤は、特定の神経系センターで機能し、痛みの信号をブロックし、安心するのに役立ちます。これは非常に効果的な鎮痛剤であり、通常、アスピリン、パラセタモール、イブプロフェンなどの他の弱い鎮痛剤が十分に作用しない場合に、長年の痛みを改善するために使用されます。あなたがジヒドロコデインをオンライン購入することを探しているなら、あなたはいくつかの重要なことを知りたいでしょう。

重要な事実

  • ジヒドロコデインは、標準錠剤、液体製剤、徐放性錠剤の3つの異なる形態で入手できます。
  • この薬は、DF118フォルテやDHCコンティニューなどの他のブランド名としても人気があります
  • それはあなたの神経に沿って脳に移動する痛みの信号をブロックすることによって機能します。
  • 1.5〜2時間以内にほとんどの種類の痛みを和らげます。
  • ジヒドロコデイン中毒はまれです。
  • 眠気、吐き気、便秘を感じることは、いくつかの一般的な副作用です。

誰がこの薬を服用すべきか、服用すべきでないか

健康な成人と5歳以上の子供はジヒドロコデインを服用できます。

次のような場合は、オンラインまたはオフラインでジヒドロコデインを購入しないでください。

  • ジヒドロコデインによるアレルギーの病歴。
  • 呼吸困難や喘息などの肺の合併症。
  • クローン病や過敏性腸症候群などの胃の問題。
  • 甲状腺機能低下症(甲状腺機能低下症)。
  • アルコール中毒
  • 赤ちゃんの妊娠または授乳、または妊娠の計画。
  • ガラクトース不耐性

ジヒドロコデインを服用するための重要なヒント

  • あなたはジヒドロコデインを服用するために医師の指示に従う必要があります。したがって、最終的にオンラインでジヒドロコデインを購入する前に、適切に医師に相談してください。
  • コップ1杯の水と一緒に1錠を服用し、噛むのを避けてください。
  • 食事の直後に錠剤を服用することが、最良の結果を得るための最良の方法です。

ジヒドロコデインの投与量

  • これらの錠剤は、30mg、40mg、60mg、90mg、120mgの5つの異なる強度で利用できます。
  • 投与量にもよりますが、24時間で合計240mgを超えて服用しないでください。

他の鎮痛剤と一緒にジヒドロコデインを服用しても安全ですか?

はい、アスピリン、パラセタモール、イブプロフェンなどの一般的な鎮痛剤のほとんどと一緒に服用しても安全です。16歳未満の子供に与える必要がある場合は、アスピリンと組み合わせないでください。また、コデインを配合した鎮痛剤との併用は避けてください。

考えられる副作用

あなたがオンラインでジヒドロコデインを購入しなければならないならば、起こり得る副作用を知ることは常にあなたをより良い空間に保つでしょう。他のほとんどの鎮痛剤と同様に、ジヒドロコデインにもいくつかの副作用があります。一般的な副作用は次のとおりです。

  • 頭痛
  • 口の乾燥
  • めまい、めまい、または錯乱
  • 眠くなる
  • 吐き気と嘔吐
  • 便秘

いくつかの深刻な副作用が含まれる可能性があります:

  • 筋肉のこわばり
  • エネルギーが少なく、倦怠感
  • ジヒドロコデインを服用してから数時間以上これらの副作用のいずれかに気付いた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

他の薬に関する注意

すでに使用している場合は、オンラインでジヒドロコデインを購入する前に医師に知らせてください。

  • 鎮静剤または睡眠薬。
  • うつ病やメンタルヘルスに関連するその他の問題の薬。
  • 薬は、ドンペリドンやメトクロプラミドのような吐き気や嘔吐の治療に使用されます。
  • 不安神経症の治療のための薬。
  • 干し草熱錠または抗ヒスタミン薬。

あなたがジヒドロコデイン30mgをオンラインで購入したいか、他の強みで購入したいかどうかにかかわらず、あなたはいくつかの基本的な情報を知っている必要があります。うまくいけば、私たちは同じことであなたを助けました、そしてあなたはこの薬を消費する前に賢明にそして非常に責任を持って行動するでしょう。