山羊乳の栄養的および官能的側面

この記事は、この強力な天然および有機物の価値を理解できるように、山羊乳の栄養的および官能的側面に関するものです。

栄養価と風味

人間の栄養の歴史の中で非常に重要な食品である山羊乳は、20世紀の初めに消費量の急激な減少を記録した後、今では失われた名声を取り戻しています。その食事と栄養の特性は注目に値するので、伝統的な牛乳の有効な代替品になります。ヤギのミルクから作られた製品は、 米国の人々の間でトレンディなを取得しています。

後者と比較して、山羊乳の脂質画分は、脂質小球のサイズが小さいことと、短鎖および中鎖脂肪酸の含有量が多いことによって区別されます。これらの特性により、一方では消化しやすく(リパーゼの攻撃で利用できるより特異的なミセル表面のため)、他方ではより美味しくなります(短鎖脂肪酸は食品に特定の香りと風味を与えますが、まったくありません。ようこそ)。また、このタイプの脂肪酸​​は腸粘膜に直接吸収され、そこから肝臓に運ばれることを思い出してください。より高い炭素原子を持つ脂肪酸の典型的な代謝経路をたどることなく(カイロミクロンと呼ばれるリポタンパク質凝集体の形で、リンパ循環への予防的放出を伴う)。

ヤギ乳に典型的なこのカテゴリーの脂肪酸(酪酸、カプリン酸、カプリル酸、カプロン酸、ラウリン酸)に関する別の興味深い栄養面は、長鎖脂肪酸、特にパルミチン酸を特徴付けるアテローム生成力がないことです。飽和カテゴリーに属しますが、山羊乳に含まれる短鎖および中鎖脂肪酸は、体のコレステロール値に悪影響を及ぼしません。

プロテインミルクヤギは牛乳のものと非常に似ています。アミノ酸の中にはタウリンの含有量が高いことがあります(多くのエナジードリンクに存在する同じ物質であり、その役割とニーズはまだ完全には解明されていません)。

栄養の微量元素に関しては、山羊の乳は、はるかに低い濃度で存在するビタミンB12を除いて、牛の乳と同様の濃度を持っています。したがって、その「敵」と同様に、カルシウム、リン、カリウム、およびリボフラビンが豊富です。

ヤギの乳、食物不耐性、およびアレルギー

全体として山羊乳は牛乳と非常に類似したタンパク質、脂肪、乳糖の含有量を持っているため、これまでにリストされた違いは定性的なタイプを除いています(このため、牛乳に不耐性に苦しんでいる人には適していません)。一方、これらの特性は、品種、気候だけでなく、泌乳期や動物の採餌によってもかなり異なることを強調しておく必要があります。

牛乳と同様に、山羊乳はそのままでは、乳児の食事における母乳の代替としては適していません。実際、2つの間にかなりの化学的および栄養学的な違いがあります。

牛乳に対するアレルギーがある場合、ほとんどの場合、山羊乳にも同じ問題が存在します。したがって、誤った情報は多くの混乱を引き起こす可能性があります。ヤギの乳は、牛の乳と比較してアレルギーの観点からは何の利点もないように思われることを知っておくのは良いことです(文献では、特定のタンパク質の可能な「抗アレルギー」の役割についての臆病なヒントしかありませんが、確認はありません。この点について)。

これまで言われてきたことですが、山羊乳は生産者や貿易業者によって描かれた奇跡的な食べ物とはほど遠いものです。実際には牛のそれと同等であると言っても、それらを結びつける栄養原理の並外れた豊かさを考えると、確かにその栄養特性を低下させることを意味するものではありません。したがって、個人の好みと組み合わせると、山羊乳は多様でバランスの取れた健康的な食事の不可欠な部分になる可能性があります。

いくつかの最後の言葉

今、あなたは山羊乳の栄養的および官能的側面を知る必要があります。私はこの非常に重要な情報を共有しているので、皆さん全員が山羊乳のスキンケア製品を購入  するか、自宅で簡単に作ることができます。私はヤギのミルクバスボムのようにこれらの製品を使用しています、それらは素晴らしいです。ちょうど試して。