カテゴリー

Uncategorized

トップがクソなら独裁もクソ

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

トップがクソなら独裁もクソ


中国も5月の連休で我が世の春を謳歌しているというんだが、海南島では、という話で、海南島は中国では数少ない海辺のリゾートで、咬人猫さんがsummertimeを踊っていたりするんだが、ダンス動画では定番のロケ場所ですねw 最近の街ナカがどうかというと、マスクをした人もいるが、マスクしてない人もいる。あの国ではマスク着用が強制されれば100パーセント着用するので、既に公式にも「コロナは克服した」のだろう。

5日まで大型連休だった中国では、自粛生活を強いられた日本とは対照的に、大勢の人がリゾート地に押し寄せました。
"中国のハワイ"と呼ばれる「海南島」の免税店では、中国各地から多くの買い物客が訪れています。
アジアを代表する中国のビーチリゾート、海南島は、とにかく人でごった返していました。
砂浜にも波打ち際にも、びっしりと人がいます。よく見ると、その中を走る水上バイク。サーファーもいたりと、ごちゃ混ぜの状態です。
中国人観光客:「新型コロナで海外に行けないから、中国国内にしました」
海南島は、国策で「関税ゼロ」を掲げ、規制も緩く、特に免税店での買い物を目当てに訪れる人も多いことが特徴です。
中国人観光客:「自分にはロエベの香水。妻にはプラダのバッグを買います。50万円ぐらいは使います」
中国人観光客:「25万円のグッチのバッグを買いました」

中国のワクチンは効かないので知られていて、接種率も高くないので、徹底した「無症状感染者」の洗い出しと、隔離、強力なロックダウンだけでコロナ克服を達成したのだろう。

【話題】 5日まで大型連休だった中国では、自粛生活を強いられた日本とは対照的に、大勢の人がリゾート地に押し寄せました

コロナ戦争に勝利した中国
コロナ戦争に負け続ける日本

東京オリンピックで世界に感染者をばら撒き、8月に終戦を迎えるだろう

独裁国家の方が優れてることが判明したな

民主主義国家なんてのは平時のおままごと

↑日本もこの10年一党独裁みたいなもんなのに全然だめじゃん

トップがクソなら独裁もクソだよ

ああ、中国も休みだったのか

昨日納品で連絡来なかったから事故ったのかと思ってドキドキしてたわ

中国は初期で封じこめて以来入国規制を厳しくやってるよね
でも一つ気になるのが中国製ワクチンを摂取すると制限が緩くなる

海外では散々言われている中国製ワクチンって実はかなり効果あるのではないのかとね

実際はあんだけ人がいて封じ込めなんて無理だと思うがどうやって誤魔化してるんだろうな

↑今のネット社会では誤魔化せないよ

中国国内からは発信出来ないにせよ世界各地にいる中国人の口まで塞げないでしょ

自国民でも入国には2~3週間の強制隔離
市中感染者は人権無視でGPS情報の開示
一人でも感染者が出たら最小区画での
一ヶ月程度のロックダウンを繰り返してるからね

ジャップも五輪やりたきゃこれくらい徹底してやらないとw

日本も観光地は大盛況だったが

地方はコロナ前から既に死んでるので大差ないし

武漢だけで終わらせた中国はなんだかんだすごいよ

あれくらいやらなウイルスは止めれんのだろ

人権無視強硬策

1 罰則 罰金 懲役
2 武力鎮圧で皆殺し
3 コロナ感染者殺害

中国は平気でやる。代わりの人員人材は幾らもいるからな。
日本は死にたくないと言う死を恐れる奴等ばっか。

長生きしてもしょうがないし誰も必要としてないのに生きようとする。

↑バカウヨさんコロナ蔓延させて私見制限して碌に検査治療入院も出来ずにほったらかしで見殺しが自民党政権人を殺しておいて中国の私権制限がーとはお笑い

バカウヨは碌な根拠も反論するデータも無い癖に中国の成功は信じられないという精神論だけで決めつけて現実を見られないらしい普通そういうのを根拠の無い憶測とか妄想というけどバカウヨはそれで自分を納得させてるらしいw

中国元気過ぎないか

もうコロナ収束したの?

シノバックワクチンバカスカ撃ってんのかね

昨日万里の長城の映像を見たけどギッシリ人がいるのにマスクしてなかった

バカウヨ あーあー中国の成功は見えない聞こえない信じたくない

中国のことをどうのいうきはないが、

日本政府が無能なのは事実

隣のインドはあれなのに

凄いな

どう考えても腑に落ちないんだよなあ。
台湾並みに厳格にやったとしても、あんだけ人がいればコロナウィルスは紛れ込んでるはずで
ワクチンをこれでもかと打ったイスラエルやアメリカがようやく収束の方向が出てきた状態。

全然効かない中国製ワクチンしか打ってない中国人が自由にうろつける理由が分からん。

中国のリゾート地の映像と
日本の地方の映像を見比べると

どう贔屓目に見ても

日本の方が、発展途上国に見えるな

中国はいいな
政府が有能だから
コロナもこうやって完全に制圧できている
一方の日本は政府が無能だから
いまだにコロナコロナで何も出来ない
ほんとハラタツ

そりゃ中国に追い抜かれるの当然だわ

中国は独裁でーとか言うけれど、そもそも国家としての基本が「プレタリア独裁」と定められていて、それが正しいという前提で国が成り立っているので、アメリカや日本から「独裁だ」と非難されても、屁とも思わない。アメリカの手羽先売国奴アベシンゾーの独裁よりはいいんじゃねーの、でオシマイw なんだかんだ言っても、スマホ持った中国人が好き勝手に何でも発信できるんだから、何でも隠せると言うもんじゃない。皇帝が人民の気に入らない政治をすれば、いつでもひっくり返す。造反有理w 

造反有理(ぞうはんゆうり)とは、中国語で「造反に理有り」(謀反にこそ正しい道理がある)の意で、「革命無罪」と並び中華人民共和国の文化大革命で紅衛兵が掲げたスローガンである。

造反有理というのは毛沢東の作った言葉だが、中国という国体は何千年もそれでやって来た。ヤマト王朝が天皇制を敷いて以来、一度もそれが覆された事のない日本とは違う。習近平も、いつ寝首を掻かれるかドキドキしながら独裁しているのだw どんだけ悪いことをしても、どんだけ国民を裏切っても、ジャパンハンドラーズに忠誠を尽くす限り首相の座が保証された脳天気な池沼アベシンゾーとは違う。それにあんだけ版図がデカく、民族も多種多様な国では、独裁でないと国が治まらないw 民主主義なんて言ってたらアメリカみたいになってしまうw

↑日本もこの10年一党独裁みたいなもんなのに全然だめじゃん
トップがクソなら独裁もクソだよ

トップ(安倍、菅)がクソだと独裁は最悪。


ロシアと中国は国土が広すぎるし、多様な民族が住んでいるので、ある程度強力な指導力が無いと国が纏まらない。

民主主義は "天皇制" とか "自由と民主主義" とか、そういった共同幻想を信じる多数派が存在して初めて成立しうると統治システムのひとつに過ぎない。

尤もアメリカの場合は "自由と民主主義" は建前に過ぎず、本音では世界中の富を自国内に集中させている覇権が国を纏める根幹になっている。覇権が漸次失われるに従って共同幻想が失われて国内は遠心力が働きつつあるのである。


中国指導部は、香港は英米の息がかかって扱いに苦慮しており、香港が地盤沈下する代わりに海南島などに香港の代わりを徐々に背負わせたい目論見は有りそうである。


中国の独裁が上手く行ってるのは、曲がりなりにも「有能なトップによる」独裁だからな
安倍や麻生みたいな無能に独裁させたら、一瞬で末期のソ連みたくなる
そもそも、世界第3位の経済大国がこんな状況なのは、安倍が如何に無能であるのかを示す、何よりの証拠じゃないか・・・歴史上の暗君や暴君と比較しても、何ら引けを取ってない無能さだ
こういう連中の権限を増やすと、ロクな結果にならんよ


 そんなに日本駄目で中共素晴しいってんだったら、中共に引越したらいいのであるw
 また意見も違ってくると思うzo 藁

は?
何言ってるんだか
一言も中国が素晴らしいとか言ってないぞ・・・俺も、ゲリラさんも、他の人らも
中国の様な独裁権を欲しがってる自民党が、仮に独裁権を持ったとしても上手くいきっこないぞ、と言ってるんだが・・・あるいは、中国が民主主義とかやっても上手くいくわけがないと言っている
文章をよく読め

基本が「プレタリア独裁」

また言葉の表面だけで無教養なことを言っている。

プロレタリアート独裁というのは「階級独裁」という仕組みの話で、一人の人間に権力を集中する「独裁」とは別の概念だ。

プロレタリアート階級が(貴族・王族や)ブルジョワ階級を支配するという体制で、プロレタリアートという階級に権力を集中するから「独裁」といっているが、本来は「プロレタリアート権力」とか「プロレタリアート政権」というべきものだ。

これと似て非なるものが、一党独裁で、ボルシェビキ以外の政党を禁止したソ連型の独裁になる。
これはマルクス主義における階級史観でも歪。プロレタリアートの党が複数あってもいいから。

シナはさすがに、一党独裁の論理的問題には気が付いているので、名目上、複数政党を認めつつも、共産党の優位を定める体制。

西側諸国がソ連やシナを非難する場合の「独裁」というのは、当然
プロレタリアート独裁ではなく、主席や書記長に権力が集中する個人独裁を批判している。
(ただし、独裁制をきちんと理解していない連中は、混同して批判している。わかっていて、ブルジョワ排除を批判する人もいるだろうけど)

なお、現状の主席独裁はシナの憲法上も違法状態。
本来は、首相が法的権限を持つのだけど、天安門事件時の白色クーデター(政権側主導のクーデター)で、主席が勝手に戒厳令を出し、権力集中を続けている。

だから、クマのプーさんの独裁というのは、十分に非難に足るものだ。

だいたい、クマのプーさんは、そんな立派な能力もなければ、人格者でもないよ。

夢見すぎ

ロシアと中国は国土が広すぎるし、多様な民族が住んでいるので、ある程度強力な指導力が無いと国が纏まらない。

なぜ、纏まらないものを強権でまとめる必要があるんだ?
纏まる範囲で、適度な大きさの国が分立するほうが、住んでいる人は幸せだろうに。


GUY FAWKES @genuine_organ

>中国のビッグブラザーは毛沢東。しかし、その背後で国を真に躍進させた影の皇帝、それが鄧小平。

【 改革開放中的鄧小平:六四事件、經濟奇蹟與牛角麵包- BBC News 中文 】~鄧小平は毛沢東の死後・自由を求める人と、毛沢東の思想を受け継いでいる人との間に立った~

>毛沢東から、「綿中に針を蔵す」と言われた鄧小平。フランス留学からモスクワへ。長征に参加し毛沢東と共に現代中国を建国。そして3回の失脚と名誉回復を経て、中国の改革開放路線を現代化した政治家。

鯨党右派 @uha_kujira

>まあ今の中国の共産主義はマルクスから遠く離れたものだからな。鄧小平以後ある程度自由経済になり、都市部と農村部に住む人間で階級の差が生じている。変わらないのは強権的国家である点。

マクガン @Makugan32

>左翼共産主義者の無謬性が彼らの限界でしょうね。失敗できないので反省と改善ができない。どんだけ失敗してもそれを続ける以外の選択肢がない。鄧小平さんが失敗を認めて方向を変えたら成功できたけど、また習近平さんは中国共産党は無謬であるとし始めている…。

【 小学生でもわかるネオ社会主義(鄧小平理論) 】~不管黑猫白猫,保持安静是好猫(白猫であれ黒猫であれ、おとなしいのが良い猫である)~

松本徹三 @matsumotot68

>遠藤誉さんの「習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐(裏切りと陰謀の中国共産党検討100年秘史)」を読了しました。遠藤さんは、卓越した取材力をお持ちなだけでなく、1941年に満州の長春で生まれ、12歳で帰国するまでに国共内戦で共産軍に包囲された経験もあるので、肌感覚もお持ちです。この本は、私を含め多くの人が持っていた鄧小平神話を打ち砕くべく執念を持って書かれているので、2割程度は割引く必要はあるかもしれませんが、内容は概ね真実と考えて良いでしょう。華国鋒を失脚させる為に鄧小平がベトナムとの戦争を仕掛けたという事を初めて知り、そうだったのかと唸りました。

>遠藤さんは習近平首席の実父習仲勲に随分好感を持っておられる様ですが、この人の過去の言動には私自身もずっと最大級の好感を持っていました。将来の世界を決める上で個人として世界中で最も影響力を持つのは、疑いもなく習近平その人だと思っていますが、彼がどの位父親に近いかはまだわかりません。それにしても全体主義国家の内部での権力抗争というものは凄まじいのですね。僅か百年しか経っていないのに、中国共産党の影響下で行われた数々の蛮行と、その中で無惨に殺された人達の数は膨大です。歴史は元に戻せませんが、この事実は中国人自身を含めた世界中の全ての人が知っておくべきです。

※中国共産党が統治する国家は血みどろの陰謀と、多くの人民の命の犠牲の上で成り立ってイマス。一党支配体制の維持を国家の最優先目標に置き、そのために情報隠蔽をする。「資本主義=悪」というマルクスの理論に従っているだけ? 中国では1%の都市戸籍層が、「3分の1」の富を保有している(らしい)。(#゚Д゚)y-~~


>習近平首席の実父習仲勲

 二階堂の兄ちゃんは、なにしろ二階堂というくらいなもんで、二階さんを次期総理に一押しなんだそうだ。 
 で、親中で知られている二階さんなら、習さんも安心して階段に応じると思うので、そのときは、ぜひ、近平さんがこの上なく尊敬している亡き尊父のことも話題にのせてほしい。

二階さん 「お父さんは偉大な方だったのですね。」
近平さん 「いつも尊敬しています。 少しでも父のようになりたいと考えています。」
二階さん 「私の支援者から父君の古い写真を預かってきました。」

 じゃ、じゃ、じゃ~ん

(ウイグル指導者との3ショット)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d0/Xi_Zhongxun%2C_Saifuddin_Azizi%2C_Burhan_Shahidi.jpg/375px-Xi_Zhongxun%2C_Saifuddin_Azizi%2C_Burhan_Shahidi.jpg

近平さん 「う、う、う」
二階さん 「東クルジスタンとの合併の後のようですが、ご尊父は、ずいぶん東クルジスタン政府の出身者の方と親しかったんですね。」

(セイプディン・エズィズィ 上の写真の左側の人物)
「1946年に、東トルキスタン共和国政権と中国国民党系の新疆省政府が合同し、新疆省連合政府が発足すると、新政権の政府委員、教育庁長を務めた。1947年に、省政府主席張治中の辞任を契機に、新疆連合政府が崩壊すると、アフメトジャン・カスィミら旧東トルキスタン共和国派とともに、イリに戻り、新疆人民民主同盟を組織した。

国共内戦の終結後、1949年にイリ政権首脳陣が、北京の政治協商会議出席のための移動中に遭難すると、イリ政権を代表して、中国共産党政権への合流を表明し、同年9月に政治協商会議に出席、政協委員に選出された。また同月に中国共産党に入党した。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%BA%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%82%A3

 いや、べつに揶揄するつもりでコメントしたわけではありません。 二階さんあたりが、こういう故事も参考にしながら、今の中共政府首脳を諭してウイグル政策を変えさせて、これ以上、中国と西側が対立しないよう働くことが、日本の国益になると思います。

-Uncategorized