カテゴリー

Uncategorized

絶対に押さえておきたいビジネス成功の5つの条件

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

絶対に押さえておきたいビジネス成功の5つの条件

実は、基礎とは、もっとも大事で、もっとも難しいんですよね。

当たり前だからこそ、見逃してしまう。軽視してしまう。

だからこそ、基礎をしっかりと固めることが必要なわけです。

そこで、今回は、ビジネスで成功するための条件のなかでも、
特に、基礎的なもので、忘れがちな5つの条件について解説します。

ぶっちゃけ、この5つの条件を満たしていなければ、話にならないので、
ぜひ、条件を満たしているかどうか、チェックリストとして使ってみてください。

★成功するまで諦めずに行動する

結果が出なくて悩んでいませんか?

結果が出ない原因は、やり方が間違っているか、
それともそもそもやっていないかのどちらかです。

実績のあるメンターから指導してもらっているのに
結果が出ていないのであれば

やっているつもりになっているだけで、
実際はやっていないことがほとんどです。

結果が出ないと、モチベーションが続かずに諦めてしまう人は多いですが、
年収1億円なんて、1週間ぐらい頑張ったぐらいでは達成できないですよね。

なので、軌道に乗るまでは、諦めずにコツコツ努力する。
目に見える結果が出なくても、気にせず毎日やるべきことを地道にやることが大事。

毎日やり続けていても、目に見える結果は出ません。
いや、むしろ後退しているのではと思うこともあるでしょう。

しかし、それでもやり続けていると、
あるタイミングでドカンと大きな結果が出るんですね。

なので、結果が出る出ないに関係なく、行動し続けてください。

★量をこなすことを考える

「量からしか質は生まれない」

というのが、わたしの基本的な考え方で、クライアントにもこれを伝えています。

量をこなさずに質から入る人がいるのですが、そういう人は結果を出すことができません。

なぜなら、量をこなさなければ、やっていることが本当に正しいのか判断できないからです。

また、量をこなすことで、できるようになることって結構あるんですね。

例えば、毎日ブログの記事を書いている人と、
1週間に1記事しか書かない人では、どちらが上達するか、

どちらが結果を出せるかというと、間違いなく前者です。

量をこなすことで、どうやったらうまく記事が書けるか、
どうやったら読者をひきつけられるかといった勘所がわるので、
結果的に質を向上させることができるわけです。

なので、とにかく量をこなすことを考えましょう。

もちろん、何も考えずに量をこなすだけではダメ。

どうやったら質をあげられるかということを意識して、量稽古しましょう。

★向き不向きはあっても結果を出すこととは関係ない

「自分には向いていない」と思うことってありますよね。

でも、実際は、自分が勝手に思い込んでいるだけです。

苦手だな、向ていいないなと思うようなことでも、
我慢してやり続けることで、できるようになったことがかならずあるはずです。

例えば、わたしであれば、子供のときに習っていたそろばん、
自転車、竹馬、英会話、人前で話すこと、などですね。

全部、向いていないなと思いましたが、やっているうちにできるようになりました。

元々、人前で話すことが好きではなかったので
人前で話す必要がない仕事に就きたいと思っていたぐらいですが、

現在では、講演やセミナーで話をする、講義の動画を作成するなど、
苦手だった「人前で話をする」ことが仕事になっています。

確かに、向き不向きはあると思いますが、
経験を積んでいくことで、苦手を克服することができるんですね。

自分には向いていないと思うことであっても、
やり続けることで結果を出すことはできます。

なので、向き不向きを気にしないでください。

★勝負は最初の3カ月で決まる

何か新しいことを始めるときに、

無理しない範囲でとか、空いた時間でといった感じで始める人がいますが、
絶対にそれでは結果を出すことはできません。

勝負は最初の3カ月。

最初の3カ月でいかに集中できるかで勝負は決まると思ってください。

なぜかと言うと、ダラダラやってもなかなか軌道に乗らないんですね。

飛行機を思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、
短時間に一気に加速するから離陸できるわけです。

ゆっくりスピードあげていても、加速しないので離陸することはできません。

ビジネスもまさにそれと同じで
ゆっくりマイペースで始めてもうまくいかないんですね。

なので、最初の3カ月という期間、
徹底的に集中することで軌道に乗せていきましょう。

絶対にマイペースでという考え方は捨ててください。

★憧れの存在になる

憧れのあの人みたいになってみたいと思ったこと、ありませんか?

憧れのあの人が身に付けているものを全部買う。
憧れのあの人が勧めているものを試してみる。
憧れのあの人が通っているお店で食事をしてみる。

というように、憧れの存在になることで、勝手にものが売れてしまうわけです。

つまり、ビジネスにおいて、
自分がお客にとっての理想像になることが
最強のクロージングになるということなんですね。

自分自身がロールモデルになって、
オウンドメディアで発信していけば
もうそれだけでビジネスが成立してしまいます。

なので、お客からこんな風になりたいと思えるような人になる、
そして、普段の楽しく過ごしている様子を
オウンドメディアやソーシャルメディアで発信していきましょう。

-Uncategorized