牛肉入りカレーうどん

【Khói Lam Chiều】牛肉入りカレーうどん。ひと言で説明すればそんな感じなんだが、一般的に東南アジアでは肉といえば鶏肉か豚肉で、そもそも牛を食用に飼う風習がない。牛は農耕用です。でも、老衰で死んだり、働けなくなったりすると食う。そんな牛だから、固いし臭いし、この料理でもスパイスを大量に使ってますね。バクリエウ省の名物料理です。バクリエウ省というのはベトナムでももっとも南の端っこ。牛肉うどんなのに、干し海老も砕いて出汁にしてます。旨みたっぷり。

コメントをどうぞ