苦しむ人がいる以上婚姻制度なくなってほしい


なんか名前に覚えがあるな、と思ったら、「女がパンプスを強制されるのは差別」とか言ってクッツー運動やってるというんだが、本人は裸が売り物のタレントなので、別にパンプス強制されてないだろw 今度は「苦しむ人がいる以上婚姻制度なくなってほしい」だそうで、さては逃げ恥カップルの結婚を聞いて発狂したかw そういう気分になったオンナも少なくはなかろうw

石川優実@#KuToo署名中日本国旗虹訴えかける顔メンズシューズハイヒール @ishikawa_yumi
苦しむ人がいる以上婚姻制度なくなってほしい

ところでこの人は、エロい着エロが売りのグラビアアイドル・タレントなんだが、毎日毎日男の欲望で濁った視線に晒されていたら、そりゃ、アタマもオカシクなるだろうw

石川優実さん「苦しむ人がいる以上婚姻制度なくなってほしい」

税金も無くしてほしい

生きるのが苦しい人がいる以上 全員死んでほしい  みたいな

苦しむ人がいるから社会無くなって欲しい

人間絶滅して欲しい

それ困るの女性では…?

他人の幸福が許せない人か

歪んでるわ

結婚するかしないかは本人の自由なんですが

そんなことをいうひとがいるとは思わなかったから

まじで意味がわからなくてびっくりしたw

https://i.imgur.com/DLZXd3w.jpg

↑俺はかなりの尻好きだが、これは滅多に無い上玉だ。もっと拡散して多方面から称賛されるべき逸品!

↑誰だか知らないがサイコーのケツしてやがる

↑本人だよ。昔着エロやってた

↑着エロは着エロでもかなり過激のやってるよねこの人
この写真を選んだのは優しさ感じるわ

もっと凄いのたくさんある

そこまで行くとキチガイ

あ、そのとおりだった

期末テストなくしてくれ

俺らがセックスできなくて苦しむ以上セックス禁しにしてほしい。

ガキのわがままみたいな事言うのは結構だけど、こういうのを持ち上げるマスコミが罪を作った

頭おかしい人なの?

↑そだよ

ウィキ見たけど着エロやるような泡沫タレントじゃねーか

苦しむ人がいるのだから髪は廃止すべき

みんなスキンヘッドにしよう!

サウザーでもこんな無茶苦茶な事言わなかったぞ

結構際どい着エロやってたけど

売れなくて拗らせちゃった人

↑際どいってかもうモロな作品あるしなぁ

いい体つきしてるんだけどね

結婚で苦しむ人がいるのならば離婚すれば良いのでは?この国では少なくとも認められていますよ。

なんでこいつらはいちいち他人の権利を奪おうとするんだよ

この石川って女 何者なん?
YouTubeのパチンコ演者かと思ってたらおっぱい写真出してるし

なにがしたいん?

この人手当り次第敵認定してるからただでさえ少ないマイノリティ票をドンドン失ってて笑える

本音「私に求婚してくれる星野源のような男がいなくて苦しい いっそ世の中から男が居なくなってほしい」

え?ただの僻みや嫉妬から言ってんの?w

だとしたらただのアホですな

自分が結婚できないからってそんなに僻まなくてもいいのにな

尻だけはエロい人か

一夫多妻を認めて欲しい
今、嫁と交渉中なんだけど

難航してる

石川優実の存在が苦しくて仕方ないから死んでほしい

地球が苦しんでるから人類はなくなってほしい

女を使って稼ぎまくってきてフェミニストになった馬鹿

極度の自己中なんだろうな

こいつのグラビアえろくね?

しょうがないから今夜はこいつのイメビで抜くわ

思った以上にエロくていいぞ

てかこいつ乳だししてる??

ググったら出てくるけど

↑乳もヘアーも出してる

こいつ乳だししてるか教えて

↑乳出しはヘアヌード写真集がある

イメージ動画だってDMMでまだ売ってるわ

この人の炎上商法に乗ってはダメ

無視が一番効果的

このての人は自分が結婚して幸せになったら
あっさり態度変えるよw

誰か結婚してやれ

いつものことながら自分の意思で脱ぐことによって誰よりも自分の性を売り物にしていた女がぴーちくぱーちくこうるさいのですが?

すごくバズりたいんだろうなぁ

毎日知らん連中と百人組手やっててたいしたもんだ

グラビアアイドル → 着エロ → フェミ

要するに生きるためのシノギってこと

並のフェミに比べたらずっとたくましい生き方してるよ

ガッキーが結婚する→フェミがブチギレる

ワロタ

とりあえずこの人の尻は評判いいですw

ほんとキレイなお尻です,下着メーカーのショーツのモデルできそうですね。

 想像してごらん 婚姻制度のない世界を!

(イマジン)
https://www.youtube.com/watch?v=dS5A9gzQfWQ

 ありゃりゃ、国境がなくなることはあっても、婚姻制度はなくならないらしいw

 ま、婚姻制度がなくなるようなことがあれば、父親というのもどうなるか。 その場合、2つのやり方がある。

 1つは母系社会、つまり財産は母系で受け継いでいく。 中国にはモソ族という「結婚のない母系社会」がある。

(女たちの王国 結婚のない母系社会)
「祖母を中心にその娘、孫娘と代々直系の女性が「家長」となる「家母長制社会」。「結婚」「夫」「妻」「父親」の概念が存在せず、男女は「走婚」と呼ばれる自由恋愛を通じて子をなし、すべての子は母系の家に暮らし、成長し、老いていく。」
https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%9B%BD-%E3%80%8C%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E6%AF%8D%E7%B3%BB%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%80%8D%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A7%98%E5%A2%83%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%82%BD%E4%BA%BA%E3%81%A8%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%99-%E6%9B%B9-%E6%83%A0%E8%99%B9/dp/4794223161

 もう1つは、社会で性を共有する、というやつ。

 日本が戦争に負けた後、共産党がブイブイ言わせていた時期があったが、そのとき、保守派のおっちゃんたちが思いついたのが、「共産党が政権をとると、妻も共有になる。」というやつ。
 田舎のお父ちゃんたちは「うちの美人のかかあが、みんなの慰め者になってしまう」というので、誰も共産党に入れなくなったw

DTは蔑まされるから、「 美人の方、筆おろし お願いします! 」

って頼むと、自己責任だと叩かれる、こんな世の中じゃポイズン


もう尻が見えなくなってるw

出演作探そうとWiki見たら、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからないww

ていうか、

映画 『いつかのナツ』(2018年、OP PICTURES) – 矢沢絵里 役 ※『ヤリ頃女子大生 強がりな乳房』の一般公開用編集版

がアダルト最終作なんですが、その翌年に、

著書 『#KuToo:靴から考える本気のフェミニズム』(2019年11月12日、現代書館)ISBN 978-4768458686

を出版されてます。この短い期間に何があったのでしょう??


すみません、ボタン押したら尻見えました。


与野党合意したものを「中国を見習って少数派を弾圧しろ!」って指導したのは媚中派の二階だろ
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1078618613.html


産んでしまうと苦しむ人がいるから出産禁止って80代老女(男性)が言い出すと思ったのだが(爆)


 津山三十人殺しでも記録に残っている訳だが、戦前迄は少なくとも西日本の(相続の心配のない)無産階級は広くフリーセックスだった訳であるが、戦後そうでなくなったのは、悪の米帝ピューリタニズムの精神汚染のセエである訳である。いったいどうやってそーいう変化が起きたのか、とても興味があるのだが追求する気はないのである。

産んでしまうと苦しむ
 などといいつつも、ワシは不幸など未経験である、というと、人生は不幸を味わうためにあり、不幸でない、とかいうヤシは生きている意味がない、とかいってワシをdisるのであったw
ナマ印 | 2021年5月22日 19:09 | 返信
この娘となら寝バックか背面座位がよろしいかと思いますw


【 Butterfly(バタフライ) – 木村カエラ(フル)】~結婚情報誌『ゼクシィ』のCMソング~

【 福山雅治 – 家族になろうよ (Full ver.) 】~from 27th SINGLE『家族になろうよ/fighting pose』~


碌に讀まずに書き込むのだが、此の女が消滅を願つてゐるのは婚姻制度本體に非ずして、婚姻に伴ふ家庭内の性分擔の方ではあるまいか。結婚相手なり候補の相手と話しあつて決めれば良いだけのことだらうに。だが惚れた方が負け、といふのは古今東西變はるまいし、負けた方が社會の風習に從ふのもまた變はるまい。

ソモソモなのだが、男が外で働くと誰が決めたのだ。
主夫になりたい男もゐるだらうに。
だが多くの社會で男が ”狩獵” に出る性分擔なのである。
上野千鶴子に問ひたゞすべき事柄でもある。

男に惚れて貰へず、男を服從させられない憐れの女の嘆きに過ぎないのではないか。
嘆きでも遠吠えでも何でも良いのだが。

そして多分老女は關係ないのである。
ラヴコオルはとゞかない譯だ要するに。


小松左京の「売主婦禁止法」が確かそうでしたな。
未来の日本。一夫一妻の婚姻制度が禁止され、フリーセックスと性の社会化が進んだ世の中。そこで主婦になった者は近隣の密告で国にとっつかまり、矯正キャンプに送られてフリーセックスを強要されると。
ここで主婦を取り締まってるのが実はソルボンヌ大学でのインテリ女役人(ボーボワールへの当てつけ)で、結婚は男が作った悪制度というわけです。

まあ男にとってセックスはそれほど深い意味はない(チンポと脳は別物)んだが、女性にとっては自己の実存的問題(セックスするあたしは何者?)に直結するようで。
つまりたいていの男が女から「すごい、大きい、無理」なんて言われるとちょっといい気分なんだが、女は「パイ乙でけー、ケツがいい、よく絞まる」なんて言っても、「女をモノ化している」と怒られる危険は常にあるわけですなあ。

そういうなかでそういう女のモノ部分だけ売って生きてきた女は深刻な実存的矛盾に陥ってこういう感じになるんでしょうな。
この女が許していないのは実は男ではなくて、男が喜ぶ女の部分を安売りした自分。玄人には向かない女を無理に性商売に釣込んではいかんということでしょうな。


>ソルボンヌ大学でのインテリ女役人(ボーボワールへの当てつけ)

 そのボーボワールも、年をとって弱気になられたせいかどうか、サルトルの子を生みたかった、みたいな弱音を吐いていたとか。 

 あと、ソルボンヌはわりと簡単に入れた大学みたいで、もっと上を目指す学生は、そこからエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)に行ったとか。

(高等師範学校受験を控えていたころ、ソルボンヌで、ボーヴォワールは、「薄汚い聖処女シモーヌ・ヴェイユ」を目撃する)
「学生時代のヴェイユについて、ボーヴォワールが書いてるところはどういうことかって言いますと。高等師範学校の入学試験の準備をしながら、ソルボンヌで修学、単位を取っていたその時代に、ヴェイユが男の取り巻きの学生、いつでも2,3人取り囲まれて、学校の庭をのし歩いていたっていう。それである時、話す機会がなかったけれども、ある時、なにかの折に話すことができた。その時に、ヴェイユが言ったことは、現在の最大の問題であり、それで最大の課題っていうのは、最大唯一の課題っていうのは、要するに、この世界中から飢えた人間を一掃する革命なんだ。それだけが唯一の現代の課題なんだっていうふうにボーヴォワールに言った。
それに対して、ボーヴォワールが、いや、そうじゃない。と、人々をいかに幸福にせしめるかっていうことは、そんなに問題じゃないんだ。なぜ我々が、つまり自分たちが、なぜ存在しているのかっていう、その意義を追及すること、意義を求めること、そのことが我々の問題なんだっていうふうに答えた。
そしたら、ヴェイユが、あんた、お腹空かしたことないような顔しているわね、っていうふうに言って、行っちゃったっていう。それで、ボーヴォワールは大変自分がいらだった。自分はその時、ヴェイユに、おまえさんは要するに、金持ちのプチブル的なお嬢さんで、何にも知らないんだっていうふうに言われた。だけど自分自身の心の中では、自分の階級っていうのは、自分はもう超えているっていうふうに、自分自身は思っていた。しかし、ヴェイユと会ったのは、話したのはそれが最後であって、それで、それ以後会うことはなかったって、そういうふうに書いています。」
https://www.1101.com/yoshimoto_voice/speech/text-a050.html


 なお、ボーヴォワールは史上最年少の21歳でアグレガシオンを次席で合格して高等師範学校に正式に行く必要はなくなったためか最終学歴はパリ大学(ソルボンヌ校)のようです。 


 それにしても、ボーヴォワールといいヴェイユといい、凄まじく頭のいい女性が子どもを残さずに死んでしまうというのは、なんかもったいないですね。 サルトルとの子がどんなふうになるか見たかった。

  さて、ボーヴォワールの頭のよさは言うに及ばずですが、ヴェイユのほうも負けていなかったようです。

(シモーヌ・ヴェイユの評判)
「彼女の頭のよさは大評判だったのと、その異様な服装のせいで、わたしは彼女に興味をもっていた。彼女はもとアランの生徒だった学生の一群に取り巻かれて、ソルボンヌの中庭をのしていた。(ボーヴォワール談)」

 ローティーンのころ、兄と比べてあまりに劣っているのを悩んで自殺を考えたそうで、それを一生引きずったせいか、緩慢な自殺といえるような死を迎えています。 まして結婚どころではなかったようです。
 「ほとんど全部の学者は(天才の発見を増幅するだけの能しかない)共鳴箱に過ぎない」で有名なアンドレヴェイユ、そんなのが兄さんです。

コメントをどうぞ