ダックワーズというんだが、洒落た焼き菓子です。フランス語ではダコワースと言うんだが、実は日本人が考えついたお菓子。たいてい小判型で売られているんだが、コレはシュークリームみたいに丸い。チェリー味とキャラメル味で、外はカリッと、中はふんわりと、上品に仕上がっています。「すずめや」という屋号の、田舎のオバチャンが作ったにしてはお洒落だw

ダックワーズ(Dacquoise)とはアーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子。語源はフランスの温泉保養地ダクスに由来する。
19世紀末に存在した「アンリ4世」というお菓子が祖形と言われ、このお菓子のスポンジ状の生地を改良したものが「ダコワーズ(ダックワーズ)」であるとされる[1]。もともと、アントルメ(ホールケーキ)の底生地として、クレーム・オ・ブール(バタークリーム)を塗って複数枚を積み重ねる形で使われており、生菓子としても使われていた。
小判型の物は日本生まれであり、外側がパリッと、中はしっとりしているのが特徴。福岡市浄水通の菓子店『16区』のオーナーシェフ・三嶋隆夫がパリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案した[2]。

農作業の合間に作るし、非常に手間のかかる仕事なので、数が作れない。

コメントをどうぞ