不断草

【龙梅梅Longmeimei】スイスチャードというんだが、日本語名は「不断草」うまい菜という言い方もある。育てるのが簡単で、暑さにも寒さにも強い。

◆ほぼ通年栽培でき、収穫されています
 暑さにも強く、真冬の1月、2月を除きいつでも栽培、収穫ができ、青菜類が不足する夏にも収穫できるため、ほうれんそうの代用として利用されてきました。逆に沖縄では冬の野菜として栽培れているようです。

これを軽く日干しにして湯通ししてさらに干す。茶色くなるほで干したら、水に漬けて戻して刻んでジャガイモ、干し肉、唐辛子とともに炒め煮。ひき肉と不断草の刻んだのと卵。丸く打ち抜いた生地で餃子です。餃子は茹でですね。

コメントをどうぞ