政府も医者も銭ゲバのカスばかり。

笑える話。地域医療救済策?
武漢コロナワクチンの接種が遅れていると言われているが、主たる原因はワクチンを打つ医者不足。
(法的には医師と、医師の指示を受けた看護師しか打てないので、圧倒的に数が少な過ぎる)

政府は看護師のみでも打たせるようにしようとしたが、日本看護師会が反対(たぶん事故が起きた時の責任回避)
困った政府が超法規的に獣医、歯科医にもワクチンを打たせる方向性を匂わせたら、あっさり協力すると言い出した。

予定では接種手間賃は@¥1000くらいらしい。 80人/日くらい可能なので¥8万/日の粗利が開業医に入る。
だいたい雇っている看護師や薬剤師、事務員の経費分(固定費)くらいになるようにしているようだ。
(ちなみにワクチンそのもののコストは、日本の場合@¥4000くらい(アメリカ、英国は@¥2400) 日本は完全にカモられてる)
こんなことしなくても指定感染症2類→5類にすればいいだけ。 最初にボタンを掛け違えるとドンドン間違う典型例。

コメントをどうぞ