カテゴリー

Uncategorized

中国はあなたを尊敬していないが、あなたは中国を尊敬しなければならない

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

中国はあなたを尊敬していないが、あなたは中国を尊敬しなければならない

2021-06-11 223302.jpg

1.G7サミット

6月11日夜、主要7か国首脳会議(G7サミット)がイギリス南西部のコーンウォールで始まりました。

G7サミットの対面での開催は2年ぶりで、アメリカのトランプ前大統領の在任中、足並みが乱れたG7各国でしたけれども、今回、初めて参加するバイデン大統領は価値観を共有する国との協調を重視する姿勢を見せており、武漢ウイルス対策や中国への対抗策で結束した対応を打ち出せるかが焦点になると見られています。

G7は先月の外相会合で中国の覇権主義的行動や人権問題などに懸念を示し、アメリカは今回、途上国へのインフラ支援で、中国の「一帯一路」に対抗する新たな構想を共同で発表するとしています。

また武漢ウイルスのワクチンをめぐって議長国のイギリスは、来年中に感染拡大を収束させるため、G7として少なくとも10億回分のワクチンを提供することで合意する見込みであることを明らかにしています。

2.反外国制裁法

一方、中国は6月10日、外国から制裁を受けた場合に報復するための「反外国制裁法」を、全人代の常務委員会で可決、成立し、即日、施行されました。

この法律は、16の条文で構成されており、外国による封じ込めや圧力、国民への差別的な制限措置などに対し、相応の報復をする権利があると規定しています。

具体的には、違反した場合の処罰の原則や、執行する際の主な権限などが規定されていて、中国への制裁を決定、実行した関係者やその親族を中国政府がリスト化し、対象者には入国拒否や国外追放のほか、中国国内の財産凍結、中国企業などとの取引禁止など、多くの措置が定められています。

また、外国が差別的な措置をとることを支援する組織や個人がいた場合、中国の市民や団体は、同法に基づいて人民裁判所に訴訟を起こし、侵害の停止や損失の補償を求めることができるとしています。

この法律は、中国のIT大手への制裁や新疆ウイグル自治区を巡る問題で圧力を強める欧米に対抗する狙いがあるとみられ、中国が強力な報復措置をとれば、欧米との間の緊張関係が高まるばかりか、欧米の制裁に日本政府や企業が同調した場合、報復を受ける可能性もあると見られています。

3.反中声明を牽制

今回の法律について、中国政法大学法学部教授の霍正新氏は、環球時報の取材に対し「この法律は、中国の利益を損なう一方的な制裁を行った者を正確かつ効果的に対象としており、この対象者はその親族や組織にまで拡大することができるため、強い抑止力を持つことになる」と述べ、詳細な対策のほかに、特に当局のニーズに合った対策を選択できる柔軟性が認められている、と指摘しています。

次の図は、環球時報が掲載した「香港、台湾、新疆ウイグル自治区に関連する中国の内政への干渉に対する西側勢力に対する中国の制裁リスト」なるものですけれども、例えば香港に対して悪質な行為を行ったとして「Human Right Watch」や「Freedum House」といった、人権団体、自由保護団体を、そして、反中キャンペーンを行ったとして、アメリカのマルコルビオ上院議員やテッドクルーズ上院議員などをリストアップしています。

2021-06-11 223301.jpg

これを見るだけで、中国がどういった人物、団体を危険視しているのかよく分かります。

中国外務省は、昨年12月以降、新疆や香港など中国の内政に干渉する欧米諸国に対し、多くのNGO、反中派の政治家、武器製造業者や団体、これらの問題について嘘を広めた議員などを制裁することで、11回の対抗措置を発表してきましたけれども、今回の反外国制裁法成立について、北京大学の法律専門家である田飛龍氏は、「この法律は、他国による違法な制裁とそれによってもたらされる損害を阻止することと、これらの制裁に対する対抗措置の2つの分野で影響力を持つ可能性がある……これまでの制裁措置は断片的であり、十分な法的根拠がないため、否定的な評価を受ける可能性があった。今は、完全な法的根拠があり、対策を講じる上で欧米と同じ立場を提供している」と述べています。

今回の法律は7日に審議して10日に可決するという異例のスピード審議だったのですけれども、筆者は11日から行われたG7サミットを牽制するために、制定を急いだのではないかと思います。

4.韓国を脅迫

6月9日、中国の王毅外相は、韓国外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官と電話会談を行いました。

王毅外相はその場で「アメリカが進めるインド・太平洋戦略は冷戦的な思考に満ちており、集団による対決を扇動し、地域の平和・安定・発展にプラスにならないため、中国は断固として反対する……友好的な隣国であり戦略的パートナーでもある中国と韓国は是非曲直を把握し、正しい立場を堅持して政治的な共感を守る。ただし偏った動きについていってはならない」と警告しました。

それまで韓国は、先日の米韓首脳会談の共同声明で「台湾海峡」や「南シナ海」などの文言が含まれたにも拘わらず、中国側の反発が予想していた程でもなく、「反発のレベルが低い」とか「わが国の立場を理解してくれた」などと受け取っていたそうなのですけれども、今回の王毅外相の発言にはショックを受けたようです。

これについて、慶煕大学の朱宰佑(チュ・ジェウ)教授は「王毅・外相の発言は下の人間を叱りつけるときに使う訓戒調の表現だった。これでは主権国家の間でやりとりされた言葉とは考えられない……韓国に対して口では戦略的パートナーと言いながら、実際は属国のような扱いをしている。内政干渉を当たり前のように行った清の時代の袁世凱を思い起こさせる」と指摘しています。

ある外交筋は「反中メッセージが噴出するであろうG7首脳会議に韓国が出席するのは中国として気分が良くない……王毅外相の発言は『英国に行ってもうまく立ち回れ』と指示する一種の引き締めだ」とコメントしているようですけれども、だとすれば、これもG7を睨んでの牽制の一環だということになります。

そう考えると、中国は、今回制定した反外国制裁法と合わせて、G7で反中コメントのみならず、具体的な制裁決議がされないか相当気にしているようにも見えます。

今回の反外国制裁法について環球網は「『中国はあなたを尊敬しているが、あなたも中国を尊敬しなければならない』という一点に集約される」と述べていますけれども、韓国に対する王毅外相の発言一つをとっても、とても他国を尊敬しているようには見えません。

社评:反外国制裁法是工具箱,也是威慑力

来源:环球时报

2021-06-10 17:36

《中华人民共和国反外国制裁法》今天下午表决通过,正式成为国家法律。该法来得非常及时,必将成为我们今后反制裁、反干涉、反外国长臂管辖法律斗争的利器。

首先值得指出的是,这部法律不是制裁法,而是反外国制裁法,一个“反”字,突出了设立该法的宗旨是为了维护中国方面的权利和尊严,保护我国的机构和个人不受外部势力的打压和欺凌。该法是国家正当自卫性质的法律,本质上是反霸权主义的,它使得中国与世界上一切受霸权主义侵害的国家和人民站在一起。

美国是当下霸权主义的渊薮,迷恋于滥施各式制裁,导致了从欧盟到俄罗斯制定了各自的阻断法和反制裁法。中国制定反外国制裁法精准回应了美国纠集盟友对中国机构和个人以莫须有罪名不断施加制裁的紧迫形势,以及通过国际法律斗争维护日益增长的国家利益的维权压力。它的生效无论在政治上、法律上还是斗争策略上都有准确入位感,很使得上劲,击到了霸权的痛处。https://pos.baidu.com/ucam?conwid=300&conhei=250&rdid=4746752&dc=3&exps=110261,110254,110011&psi=73c9c2957f6e1ca80edd95e48b39dcf6&di=u4746752&dri=0&dis=0&dai=1&ps=0x0&enu=encoding&ant=0&aa=1&dcb=___adblockplus_&dtm=HTML_POST&dvi=0.0&dci=-1&dpt=none&tsr=0&tpr=1623473934324&ti=%E7%A4%BE%E8%AF%84%EF%BC%9A%E5%8F%8D%E5%A4%96%E5%9B%BD%E5%88%B6%E8%A3%81%E6%B3%95%E6%98%AF%E5%B7%A5%E5%85%B7%E7%AE%B1%EF%BC%8C%E4%B9%9F%E6%98%AF%E5%A8%81%E6%85%91%E5%8A%9B&ari=2&ver=0608&dbv=2&drs=1&pcs=1425x732&pss=1425x808&cfv=0&cpl=3&chi=1&cce=true&cec=UTF-8&tlm=1623473931&prot=2&rw=732&ltu=https%3A%2F%2Fopinion.huanqiu.com%2Farticle%2F43Tvove5hXV&ltr=https%3A%2F%2Fkotobukibune.at.webry.info%2F&ecd=1&uc=1440x900&pis=-1x-1&sr=1440x900&tcn=1623473934&qn=98e0256f46e11713&tt=1623473934309.23.417.418

新法将提供一系列反制裁工具,并将起到强大威慑作用,提前警告下一步可能对华采取非法制裁行动的外国政府,以及推动、参与对华制裁的有关外国机构和个人。他们如果一意孤行,必将成为中方反制裁的直接报复目标。

美国对华发动贸易战之初,中方表明了“不愿打,不怕打,必要时不得不打”的原则态度,这一态度得到持续全面的贯彻。我们不主动惹事,但我们将毫不犹豫地反击对我们蛮横发难的力量,不断充实我们的法律斗争工具箱,反外国制裁法是这个一贯态度的再次宣示。

中国的实力足以支持新法成为有牙齿的老虎,让被该法锁定的外部势力付出代价。霸权的长臂必然在我国强大的法律执行力量面前成为“断臂”。中国巨大的经济和政治资源,以及中国人民不惧斗争的坚定意志都站在这部法律的身后,全世界一切反对霸权的正义国家与人民也会支持这一法律,那些以身试法者将尝到因侵害中国利益而恶有恶报、及时有报的滋味。

在反外国制裁法通过后,相信中国有关部门还会出台、修订或整合相关法规规章,为新法补充执行工具,进行精细的规则配套,建构完整有力的反外国制裁法律体系。商务部去年9月已经推出不可靠实体清单规定,今年1月发布阻断外国法律不当域外适用的“阻断规章”,这些已有机制依托更加权威和系统化的反外国制裁法,可整合升级,彼此呼应,精细协作,有望产生体系性的反制裁规范力量。

中国不断强大起来,对外友善,独立自主。与中国谋相互尊重与合作,则利益空间大开;对中国搞恶意博弈甚至对抗,则损失必如无底洞穴。中国是财路是利桥,但中国也会是断然阻断野心的大山。别与复兴的中国结文明级别的梁子,这是我们对一些不知深浅者的奉劝。

中国的确已经苏醒,我们的巨大潜力在加速释放。中国文明耐力的时间单位是百年千年,“德”在它们中间穿针引线。来自美国的霸权主义在中国人眼里殊为可笑,醒来的中国在稳步前行,美国霸权主义的那几根支柱迅速在时间中瓦解、溃烂,华盛顿应该早一点找回他们因为得意忘形而丢失已久的道德方位。

反外国制裁法归结起来就一句话:中国人尊重你们,但你们必须同时尊重中国人。

やはり中国に対しては、その発言に惑わされず、何を行ったかをみてきちんと対応すべきではないかと思いますね。

-Uncategorized