カテゴリー

Uncategorized

どう考えてもソーラーの勝ち

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

どう考えてもソーラーの勝ち

【BUILT by CHINA】中國最大太陽能發電站用羊除草、というんだが、中国最大の太陽光発電、その管理に羊が大活躍、というので、どこでも太陽光発電では雑草の除去にたいへんな手間と費用をかけているんだが、ここでは羊を使うことによって、費用ゼロ。それどころか羊が売れるのでむしろ儲かるw

青海省は標高の高いチベット高原に広がる人口の少ない広大な省で、チベット文化やモンゴル文化の伝統が強く見られます。崑崙山脈に属する 6,282 m の高峰アムネマチンは、仏教の聖地になっています。

ここは砂漠で、草もあまり育たないくらいなんだが、太陽光発電では日陰ができるので、むしろ雑草が生える。

実際、太陽光発電所での雑草防除と予防は地球規模の問題です。一般的な解決策には、高植物の成長を抑制するための低植物の成長、除草剤の散布、地面への雑草防止土壌の散布、および手作業による除草が含まれます。しかし、ここでエンジニアは、最も一般的であるがおそらくあなたの予想を超えた斬新なアイデアを考えました。「今では、効率的に雑草を取り除くことができるので、太陽光発電エリアに放牧羊を置いています。以前は年に2回雑草を取り除きました。しかし、今では羊の場合、年に1回だけ行う必要があるため、コストを節約することもできます。 「ハイクオ太陽光発電所のメンテナンスエンジニアであるチャン・ウェンハイは言った。さらに良いことに、この方法はその間に地元住民の収入を増やしました。「公園の草は素晴らしいです。そこで放牧することで羊はよく太り、大きくなりました。したがって、それらはより早く売られます。私たちの年収はこうして増加しました。

標高3000mというところなので、空気が薄くて、光線が強い。発電効率がいいんですね。広さは好きなだけとれる。羊ものびのびと育ちます。原発にどれだけの設備と人間が必要なのかと考えたら、まぁ、どう考えてもソーラーの勝ちだw

-Uncategorized