平井一族の韻文

20210612SS00007

  この親にしてこの子ありって古~い週刊文春の記事が発掘されちゃう

20210612SS00008

 週刊誌大手の「週刊文春」は、人気が高いので愛読しているファンも多い。
ところが、県内においては同誌の九月十一日号発売に異変が起こった。
発売当日、買い求めるため書店に立ち寄った人たちの目には、週刊文春は一冊も見えなかったのである。
 店員さんの話によると、売り出しと同時に、平井代議士事務所の運動員が全部を買い占めたという。なぜか、なぜだろうか、その理由は、すぐに分かった。
 同誌には、二ページいっぱい使って「慶応高校を恐喝で退学になった自民党有力二世議員の息子」と大きく見出しし、
本県選出・平井卓也代議士の子供が下級生相手に常習的に恐喝をやっていたことが発覚して退学させられた経緯が詳しく報じられている。
本人は、慶応幼稚舎からの生粋の慶応っ子で、一年留年して慶応高校三年生であったのに、
退学させられたということは恐喝が悪質であったためと思われる。
shikoku times 同誌に掲載された「慶応高校生恐喝で退学になった自民党有力二世議員の息子」と題する記事について、その内容を紹介してみよう。
 以前、早大生が美人局事件を起こして話題になったけれど、実は慶応でも同じようなことをやっていたグループがあるらしい。それも大学でなく、慶応義塾高校。
 その中の一人が、今年の春以降、校内で大掛かりな恐喝事件を起こし、退学になっている。そいつは幼稚舎上がりの、ある国会議員の息子だ」。
 この問題の事情を知る塾高校生が語る。
「あいつは〝落生〟と呼ばれる留年した生徒が集まっている十人ぐらいのグループにいた。あいつはピアスをつけていた。入学した時は金髪だったとか。もともと素行はよくなかった。女友達も多かったようだ」。
 別の塾高生も語る。
「今年の五月か、六月ころのこと。あいつが二年生を脅かして金を要求した。その二年生が、今度は一年生に同じ事をやった。これが学校にバレて、そこから芋づる式にあいつの存在が発覚し、あいつは最終的に自主退学扱いになったようだ」。
 六月には学年ごとの集会が開かれ、校長先生から風紀の乱れを注意する話もあったという。
記者が、慶応義塾高校に事件確認を求めたところ「個人に関する情報については答えられない」という回答が返ってきた。
 名門を誇る慶応義塾もこの事件のために大荒れに荒れていたのは確かなようである。
 その手口について聞いてみると、実際に恐喝を受けたという生徒は
「あいつのグループにちょっとしたことで因縁をつけられた。トイレに連れ込まれ、血が出るまでポコポコに殴られたあと、食堂の裏に引きすえられ、あいつが『キャッシュあるのか』と聞いてきたが、黙っていると腕にタバコの火を押し付けてきた。 結局十万円近いカネを要求せられ、持っていった」
と語った。
 高校生ながら、暴力団まがいの暴力行為と恐喝をやっていたのである。末恐ろしい子供ではないか。
 こんな子供が成長し、父の後を継いで、四世議員にもなりかねない。もっとも父親の卓也代議士をよく知る人から聞けば、父親を見習っているのではないかということも聞く。さて、香川県民は四世議員を誕生させるのかどうか見物である。  慶応を追放されたのは次男で、今は電通に勤めているとか  そして、長男も

20210612SS00009