通海県



https://www.youtube.com/embed/8zAZHHXsovc

【滇西小哥】通海県というんだが、雲南省の玉渓市に属する県で、中国では市の下に県があるんですね。雲南省自体が少数民族の交差点みたいなところなんだが、ここには雲南省で唯一、モンゴル族の入植地がある。ここは雲南省で最大の野菜基地だそうで、見事な野菜畑が広がってます。さて、街に出た滇西小哥さんは葱餅を食べます。肉も入って。美味しそうです。次は黒糖液に漬けた甘いデザートの餅。ハサミ飴とか。そしてモンゴル村へ。そして銅製品を作る村へ。銅鑼も叩いて作っているようで、実はおいら、こんな銅鑼を仕入れて、エスニック雑貨屋で売っていた事があるw 新劇の有名俳優の爺さんが買っていきましたw 「こんなもん、俺が買わなきゃ、誰も買わないぞ」と言ったらしいw そして、」その銅鍋で料理を供するレストランへ。マスター曰く。「昔はヘルメットを鍋にして料理をしていた。、それがこの鍋のルーツだ」。取材に浮かれて、マスターはギターを弾いて歌いますw やはり文化人類学的に見ると、この人の動画が一番興味深い。