何百人ものポーランド人移民に輸送され、奴隷にされた英国最大の人身売買ギャング

ロンドン、イギリス-10月14日:2017年10月14日、イギリスのロンドンで、強制労働と性的搾取における現代奴隷の沈黙を表すフェイスマスクを身に着けて、ロンドンを介して現代奴隷制に反対して行進する人々。 マシューチャトル/バークロフト画像による写真(写真提供者はマシューチャトル/バークロフトを読む必要があります…

何百人ものポーランド人移民を英国に送り、奴隷制に追いやった人身売買リングの3人のメンバーが有罪判決を受けました。

金曜日に、コベントリー刑事法院は、ポーランド国民のマテウス・ナトコウスキー、ルカシュ・ウィリンスキー、および英国の共謀者であるデビッド・ハンディが、人身売買、労働搾取、および検察庁(CPS)が説明したものを運営する上での強制労働に至るまでの犯罪で有罪となったと認定 しました。 「英国でこれまでに公開された最大の人身売買リング」。

裁判所は、3人の男性が何百人ものポーランド市民をどのように誘惑したかを聞いた。彼らは1月1日に英国が正式にEUを離れるまで、ブリュッセルの自由移動の規則に基づいてビザなしでウェストミッドランズに到着し、高給を約束した。バーミンガムメールによると、仕事と宿泊施設。

しかし、現実は約束されたものとは異なり、経済移民は、時には肉体的に暴行され、賃金をほとんど受け取らずに、喧噪に住み、長時間働くことを余儀なくされました。

法廷で、そして出版物によって強調された1つのケースでは、1人のポーランド人男性が2015年2月にウェストミッドランズで宿泊施設を含めて週350ポンドから450ポンドの仕事を提供されました。

WywrinskiとNatkowskiは、英国に到着した移民を2ベッドルームの家に連れて行きました。そこには、11人が住んでいて、暖房、お湯、調理設備はありませんでした。

男性はナトコウスキーの監督なしに家を出ることが許されなかった、29歳。英国で銀行口座を開設したが、カードを受け取ったことがなかったため、自分の賃金にアクセスできず、働くためにわずか10ポンドしか与えられなかった。 3週間で12〜13時間の日。39歳のウィリンスキーも彼を殴打した。https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?creatorScreenName=BreitbartNews&dnt=true&embedId=twitter-widget-0&features=eyJ0ZndfZXhwZXJpbWVudHNfY29va2llX2V4cGlyYXRpb24iOnsiYnVja2V0IjoxMjA5NjAwLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X2hvcml6b25fdHdlZXRfZW1iZWRfOTU1NSI6eyJidWNrZXQiOiJodGUiLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X3R3ZWV0X2VtYmVkX2NsaWNrYWJpbGl0eV8xMjEwMiI6eyJidWNrZXQiOiJjb250cm9sIiwidmVyc2lvbiI6bnVsbH19&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1282793967810224133&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fwww.breitbart.com%2Feurope%2F2021%2F06%2F26%2Fuks-largest-people-trafficking-gang-shipped-in-hundreds-of-polish-migrants-enslaved-them%2F&sessionId=5383b3af617182259bb6ae372bed72c7ccc6645c&siteScreenName=BreitbartNews&theme=light&widgetsVersion=82e1070%3A1619632193066&width=550px

彼の側では、ハンディ(54歳)が「合法的な雇用主」の前線であることが明らかになり、奴隷のような状態で彼のギャングに捕らえられた人々に仕事を提供しました。

裁判所は、ハンディが他の人に強制労働または強制労働を要求する陰謀、労働搾取の目的で別の人を支配する陰謀、公的収入をだましている2つの陰謀、および刑事財産を取得する陰謀について有罪と認定した。

ナトコウスキーは3回の人身売買犯罪で有罪とされ、ウィリンスキーは5月にすでに11回の人身売買犯罪で有罪を認めていた。

慈善団体HopeforJusticeのPaulMcAnultyは、次のように述べています。現代の奴隷制の忌まわしい犯罪に光を当ててください。」

3人全員が後日刑を言い渡されるでしょう。https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?creatorScreenName=BreitbartNews&dnt=true&embedId=twitter-widget-1&features=eyJ0ZndfZXhwZXJpbWVudHNfY29va2llX2V4cGlyYXRpb24iOnsiYnVja2V0IjoxMjA5NjAwLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X2hvcml6b25fdHdlZXRfZW1iZWRfOTU1NSI6eyJidWNrZXQiOiJodGUiLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X3R3ZWV0X2VtYmVkX2NsaWNrYWJpbGl0eV8xMjEwMiI6eyJidWNrZXQiOiJjb250cm9sIiwidmVyc2lvbiI6bnVsbH19&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1308043303326298112&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fwww.breitbart.com%2Feurope%2F2021%2F06%2F26%2Fuks-largest-people-trafficking-gang-shipped-in-hundreds-of-polish-migrants-enslaved-them%2F&sessionId=5383b3af617182259bb6ae372bed72c7ccc6645c&siteScreenName=BreitbartNews&theme=light&widgetsVersion=82e1070%3A1619632193066&width=550px

これは、有罪判決をしたことは初めてではありませんが生じために犯罪運動のEU自由ことによって容易に現代奴隷制に関連します。2017年9月、ポーランド国民のJonatan Majewski、自分の同胞4人を英国に連れて行き、奴隷のように扱ったことについて有罪認めました。近年、英国での強制労働のためのルーマニア人ブルガリアの人身売買についても有罪判決が出されています。

昨年、レスターの衣料品工場が封鎖規則を順守しておらず、ウイルスのホットスポットを引き起こしたという報告、スウェットショップで奴隷のような条件で働くことを余儀なくされているインド亜大陸からの背景を持つ移民に光を当てました。

内務省当局者は、2020年7月に「現代奴隷制と人身売買の懸念を評価する」ために多文化都市の施設の調査を開始し、地元の国会議員アンドリュー・ブリッジャンは約10,000人の現代奴隷がレスターで働いていたと主張した。https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?creatorScreenName=BreitbartNews&dnt=true&embedId=twitter-widget-2&features=eyJ0ZndfZXhwZXJpbWVudHNfY29va2llX2V4cGlyYXRpb24iOnsiYnVja2V0IjoxMjA5NjAwLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X2hvcml6b25fdHdlZXRfZW1iZWRfOTU1NSI6eyJidWNrZXQiOiJodGUiLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X3R3ZWV0X2VtYmVkX2NsaWNrYWJpbGl0eV8xMjEwMiI6eyJidWNrZXQiOiJjb250cm9sIiwidmVyc2lvbiI6bnVsbH19&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1282333844344053760&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fwww.breitbart.com%2Feurope%2F2021%2F06%2F26%2Fuks-largest-people-trafficking-gang-shipped-in-hundreds-of-polish-migrants-enslaved-them%2F&sessionId=5383b3af617182259bb6ae372bed72c7ccc6645c&siteScreenName=BreitbartNews&theme=light&widgetsVersion=82e1070%3A1619632193066&width=550px

レスターのシーク教徒コミュニティの警察連絡先であるRajMannは、当時、人種差別主義者見なされることを恐れて、現代奴隷制が疑われる場合に当局が介入することを躊躇したと述べた。しかし、搾取された労働者の多くはインドのバックグラウンドを持っているため、移民や難民のコミュニティを選んだと非難されることを恐れて、彼らはそれについて何もすることを嫌っていました。」

マン氏はまた、南アジアのコミュニティも雇用搾取の疑いのある事件に介入しないという衝撃的な観察を行い、次のように述べています。 。彼らはそれが何も稼がないよりはましだと考えています。」

2020年7月に発表された報告書は、英国全体で約100,000人の奴隷が働いていると推定し、2021年3月の報告書、前年だけで10,000人の疑わしい事件があったと主張しました。