今日のプーチンの嫌がらせのための海軍のブレースとして鋼のリングに囲まれたHMSクイーンエリザベス

軍の司令官は、英国の新しい空母HMSクイーンエリザベスを保護するための極秘任務に長距離レーダー航空機を配備しました、と情報筋は昨夜確認しました。

「Nato30」と「Nato31」というコード名の2つのRAFAWACS早期警戒機が先週、RAFワディントンから打ち上げられ、60,000トンの空母とその護衛の周りにレーダーの「鋼の輪」を確保しました。このニュースは、ロシアが空母打撃群の東地中海通過に合わせてシリアに戦闘機と爆撃機を配備した後、今日、ウラジーミル・プーチンによるさらなる嫌がらせに備えて英国海軍の司令官が自慢したことで明らかになりました。シリアのシリアの港を「守る」ために急いで手配された海上演習では、キンザルの殺人ミサイルで武装したMiG-31K迎撃戦闘機がシリアのフメイミム空軍基地に送られました。