キリマンジャロ・ブレンド

キリマンジャロ・ブレンド用の豆が届いたので、さっそくテスト焙煎してみた。ウチのキリマンジャロ・ブレンドはキリマンジャロ、ブラジル、コロンビア、各等量です。チェックしてみたが、いずれも良く選別された、サイズの大きい最上級の良い豆だ。コモディティ・コーヒー豆としては申し分のないところ。ウチではテスト焙煎ではジェネカフェという機種を使っていて、200gしか焙煎できないんだが、熱風焙煎で今風の焙煎が出来る。業界ではよく使われています。シティーロースト寄りのハイローストを目標にしあげてみた。ここら辺は微妙なところで、プロによっても微妙に色が違う。焙煎機によって、色だけを同じに仕上げても、味は同じにならない。さて、味だが、予想した通りに今風の味です。軽やかな酸味と苦味がよくバランスしていて、ごく標準的なもの。もっともウチのコーヒーはどれも個性的で、モカマタリブレンドも深炒りの古典的な味なので、今風、サードフェーブ風のアメリカンなコーヒー好きなお方には、うってつけか。これは常用のコーヒーとして、毎日飲めるように、モカマタリブレンドと同じ400g 2080円で売り出す予定。いよいよ明日、炭焙でのテストに入ります。炭焙のアメリカンなんてやってるのはウチだけだぞ、おいw