Uncategorized

自民党にあきれています

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

自民党にあきれています

経済音痴しかいない自民党政府


日本経済衰退の最大の戦犯は日銀総裁の三重野だった。(三重野・・・死んでも忘れない名前だ)
三重野はバブルが崩壊しているにも関わらず金利を上げまくった。 マスゴミが”狂乱物価狂乱物価”と騒いだのを利用した。
しかし実際の物価は不動産を除けばいたって平常。 この状態で金利を上げまくるのは超の付く愚策、というか狂気の沙汰。

同じ時、アメリカFRBは”日本のバブル崩壊・・狂気の沙汰・・の悪影響を考え”、米国金利を下げまくった。
やったのはグリーンスパン。 この時の対応の差が現在の日米経済の決定的な差を生んだと言える。

今、日本はまた同じ間違いをしようとしている。
今の最優先課題は”経済”であり、武漢コロナ対策はぐっと下の下。
8/16に4~6月期のGDPが出るが劇悪だろう。 年率-5%くらいの予想が出ているが、実態はもっと悪いだろう。
バブルから30年経つが、日本には経済が分かっている人は一人も育ってない。 だから同じ間違いをすることになる。

行動パターンで言うと、結果が数字で出ない限り動こうとしない。 悪い結果が出てから慌てて経済対策を考え出す。
これで500兆円の経済が運営できるなら、阿呆も財務省の役人も全く必要無い。
パートのおばさんで十分。 その方がコストが安く効率的。

米国はすでに2兆ドル(200兆円)をバラまいている。 さらに上乗せで2兆ドルを考えている。
経済規模で補正して考えれば、日本では50兆円、さらに50兆円を上乗せ検討になる。
しかし日本の実態は10万円を給付しただけ。(規模12兆円)
おいおい政治家にはメクラしかおらんのか?!
おいおい政治家にはメクラしかおらんのか?!
おいおい政治家にはメクラしかおらんのか?!
(大切なことなので3回言いました)

-Uncategorized