Uncategorized

デマと言うだけなら白痴でできる。

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

デマと言うだけなら白痴でできる。

「売国媚中 経団連の中西を念じでぬっころした」
魔法少女隊のワクチンレポート

(ワクチンの効能 Mon May 3, 2021 - 1:14 pm ESTに開示されたもの)

執筆 Patrick Delaney

関連URL
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/df770f729908db988bff1183ab95faac

ウイルス賢人先生から なぞのPDFを頂きました
英文を翻訳してますが 各自で翻訳して確認してください
原書のPDFもそえます

America’s Frontline Doctors:
COVID-vaccinated can ‘shed’ spike
protein, harming unvaccinated

アメリカ最前線の医師:(AFLDS)
COVIDワクチン接種はスパイクを「流通」させることができます
タンパク質がワクチン未接種を害します

As these experimental vaccines create ‘spike proteins,’ vaccinated
individuals ‘can shed some
of these particles to close contacts’ causing disease in them, including in
children.

これらの実験的ワクチンは「スパイクタンパク質」を生成するため、
ワクチン接種を受けた個人はいくつかを「流通」させることができます
これらの粒子が密閉空間での接触を通じて(子供を含む)
それらの粒子に病気を引き起こします。

LOS ANGELES, California, May 3, 2021 (LifeSiteNews)
In their latest issue brief,
America’s Frontline Doctors (AFLDS) warned how spike proteins resulting from
experimental COVID-19 gene therapy vaccines have the capacity to

1.) pass through the
“blood-brain barrier” causing neurological damage,

2.) be “shed” by the vaccinated,
bringing a
bout sickness in unvaccinated children and adults,

and 3.) cause irregular

bringing about sickness in unvaccinated children and adults, and 3.) cause
irregular
vaginal bleeding in women.

カリフォルニア州ロサンゼルス、2021年5月3日(LifeSiteNews)
彼らの最新号の概要では、
アメリカの最前線医師(AFLDS)は、
スパイクタンパク質がどのように生じるかを警告しました

実験的なCOVID-19遺伝子治療ワクチンには、

1.)「血液脳関門」を通過し、神経学的損傷を引き起こします

2.) ワクチン接種によって「散布される」ワクチン未接種の子供と大人の発作の病気、
それはワクチン未接種の子供と大人に病気を引き起こす、

および3.)不規則な原因により女性の膣からの出血

Released last week and titled “Identifying Post-vaccination Complications &
Their Causes:

an Analysis of Covid-19 Patient Data,” the stated purpose of the document
is “to provide
additional information for concerned citizens, health experts, and
policymakers about
adverse events and other post-vaccination issues resulting from the three
experimental
COVID-19 vaccines currently administered under EUA (emergency use
authorization)” by
the U.S. Food and Drug Administration (FDA).

先週リリースされ、「ワクチン接種後の合併症とその原因の特定:
Covid-19患者データの分析」、文書の記載された目的は「提供することです
関係する市民、健康の専門家、および政策立案者のための追加情報
3つの実験に起因する有害事象およびその他のワクチン接種後の問題
現在EUA(緊急使用許可)の下で投与されているCOVID-19ワクチン」
米国食品医薬品局(FDA)。

The non-profit organization highlighted the thousands of adverse events
which are related
to these “vaccines” and captured by the Centers for Disease Control and
Prevention’s
(CDC) Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS). “Yet these
complications have
received a fraction of the attention paid to J&J’s blood-clotting
controversy,” they
lamented with dismay, asking, “Why?”

非営利団体は、関連する何千もの有害事象を強調しました
これらの「ワクチン」に感染し、米国疾病予防管理センターによって捕獲されました
(CDC)ワクチン有害事象報告システム(VAERS)。 「しかし、これらの合併症には
J&Jの血液凝固論争に注がれた注目のほんの一部を受け取った」と彼らは述べた。
がっかりして嘆き、「なぜ?」と尋ねました。

In taking a closer look at this data, AFLDS presents “some major categories
of concern asyet
publicly unaddressed by either the FDA or CDC,” asserting that failure of
these
regulators “to consider these and other ‘known unknowns’ is a dereliction
of basic medicalresearch.”

このデータを詳しく見ると、AFLDSは「懸念のいくつかの主要なカテゴリーはまだ
FDAまたはCDCのいずれかによって公に対処されていない」と主張し、これらの失敗は
規制当局は、「これらおよびその他の「既知の未知数」を考慮することは、基本的な医療の怠慢です。

They breakout their general categories of concern as shown below:

以下に示すように、彼らは懸念の一般的なカテゴリを分類します。

First, there are significant fears regarding the wide distribution of these
new vaccines,
which employ a new technology and remain only experimental without full
approval from
the FDA. Instead of employing an attenuated antigen response ? as happens
with
conventional vaccines ? these experimental agents introduce something
called a “spike
protein” into one’s system.

第一に、これらの新しいワクチンの幅広い流通に関して重大な懸念があります。
新しい技術を採用し、からの完全な承認なしに実験的なままである
FDA。弱毒化抗原応答を採用する代わりに?と同じように
従来のワクチン?これらの実験エージェントは「スパイク」と呼ばれるものを導入します
「スパイクたんぱく質」を自分のシステムに入れます。

“It takes years to be sure something new is safe,” the AFLDS document
confirms. “No one
knows definitively the long-term health implications for the body and
brain, especially
among the young, related to this spike protein. In addition, if documented
problems with
the protein do arise, there will never be any way to reverse the adverse
effects in those
already vaccinated.”

「何か新しいものが安全であることを確認するには何年もかかります」とAFLDS文書は確認しています。 "誰も
特に体と脳の長期的な健康への影響を明確に知っています
若者の間で、このスパイクタンパク質に関連しています。さらに、問題が文書化されている場合
たんぱく質が発生しますが、それらの悪影響を逆転させる方法は決してありません
すでにワクチン接種されています。」

Second, unlike conventional vaccines, these spike proteins, along with
“lipid
nanoparticles” have the capacity to pass through the “blood-brain barrier”
which provides
special protection for these sensitive areas of the body.

第二に、従来のワクチンとは異なり、これらのスパイクタンパク質は「脂質
ナノ粒子」は、「血液脳関門」を通過する能力を持っています。
体のこれらの敏感な領域のための特別な保護。

“There simply has not been enough time to know what brain problems and how
often a
brain problem will develop from that,” the document warns.

「脳の問題とその頻度を知るのに十分な時間がなかっただけです。
脳の問題はそこから発展するだろう」と文書は警告している。

Risks from such penetration include “chronic inflammation and thrombosis
(clotting) in
the neurological system, contributing to tremors, chronic lethargy, stroke,
Bell’s Palsy and
ALS-type symptoms. The lipid nanoparticles can potentially fuse with brain
cells, resulting
in delayed neuro-degenerative disease. And the mRNA-induced spike protein
can bind to
brain tissue 10 to 20 times stronger than the spike proteins that are
(naturally) part of the
brain tissue 10 to 20 times stronger than the spike proteins that are
(naturally) part of the
original virus.”

このような浸透によるリスクには、「慢性炎症および血栓症(凝固)」が含まれます。
振戦、慢性倦怠感、脳卒中、ベル麻痺、
ALSタイプの症状。脂質ナノ粒子は脳細胞と融合する可能性があり、
遅発性神経変性疾患において。そして、mRNAによって誘発されたスパイクタンパク質はに結合することができます

元のウイルス
脳組織は、(自然に)一部であるスパイクタンパク質よりも10-20倍強力です
脳組織は、(自然に)一部であるスパイクタンパク質よりも10-20倍強力です

Third, as these experimental vaccines produce many trillions of spike
proteins in their
recipients, these vaccinated individuals “can shed some of these (spike
protein) particles
to close contacts,” causing disease in them.
In an email correspondence with LifeSiteNews, Dr. Simone Gold, the founder
of AFLDS,
directed this writer to an April 29 tweet where she posted a document from
Pfizer’s
experimental trials in which the pharmaceutical giant “acknowledges this
mechanism” of
potential shedding, she wrote.

第三に、これらの実験的ワクチンは、その中に何兆ものスパイクタンパク質を生成するため
レシピエント、これらのワクチン接種を受けた個人は、「これらの(スパイクタンパク質)粒子の一部を落とすことができます
接触を閉じるために」、それらに病気を引き起こします。
LifeSiteNewsとの電子メール通信で、AFLDSの創設者であるDr. Simone Goldは、
このライターを4月29日のツイートに誘導し、ファイザーのドキュメントを投稿しました。
製薬大手が「このメカニズムを認める」実験的試験
潜在的な脱落、彼女は書いた。

Contradictory much? Pfizer trials warned men to stay away from pregnant
women… but now the CDC is pushing pregnant women to take an experimental
biological agent without a second thought.

矛盾している?
ファイザーの試験では、男性に妊娠中の女性に近づかないように警告しました…しかし現在、CDCは妊娠中の女性に実験的な生物剤を何も考えずに服用するように促しています。

pic.twitter.com/rJkeDNFRvE
https://twitter.com/drsimonegold/status/1387827663801393161?s=20

Dr. Simone Gold (@drsimonegold) April 29, 2021

As the document states, one can be “exposed to [the] study intervention due
to
environmental exposure,” including “by inhalation or skin contact” with
someone involved
in the study, or with another who has been exposed in the same way.

文書が述べているように、「
関係者との「吸入または皮膚接触による」を含む「環境曝露」
研究で、または同じ方法で暴露された別の人と。

And this, according to AFLDS, can be dangerous. As the issues brief
continues, “the spike
proteins are pathogenic (‘disease causing’) just like the full virus.”
Furthermore, these
“spike proteins bind more tightly than the fully intact virus” and thus
cases around the
world of “pericarditis, shingles, pneumonia, blood clots in the extremities
and brain, Bell’s
Palsy, vaginal bleeding and miscarriages have been reported in persons who
are near
persons who have been vaccinated.” Such shedding also “appears to be
causing wide
variety of autoimmune disease (where the body attacks its own tissue) in
some persons.”

そして、これは、AFLDSによると、危険な場合があります。問題の概要が続くにつれて、「スパイク
タンパク質は、完全なウイルスと同じように病原性(「病気の原因」)です。」さらに、これら
「スパイクタンパク質は完全に無傷のウイルスよりも強く結合する」ため、
「心膜炎、帯状疱疹、肺炎、四肢と脳の血栓、ベルの
近くにいる人では、麻痺、膣からの出血、流産が報告されています
ワクチン接種を受けた人。」そのような脱落はまた、「広く引き起こしているように見える
一部の人では、さまざまな自己免疫疾患(体が自分の組織を攻撃する)があります。」

◇Article continues below Petition ◇
(記事は請願の下に続く)

In addition, other more serious dangers to even the unvaccinated are
possible due to the
fact that these “spike proteins can cross the blood brain barrier, unlike
traditional
vaccines.”

さらに、ワクチン未接種の場合でも、他のより深刻な危険が発生する可能性があります。
これらの「スパイクタンパク質は、従来とは異なり、血液脳関門を通過できるという事実
ワクチン。"

Fourth, such shedding leaves children vulnerable if they are in proximity
to parents and
teachers who have received these experimental vaccines. While the threat of
COVID-19 to
the young is rightly described as “irrelevant,” including a 99.997%
survival rate for those
under 20 years of age, AFLDS is concerned some children may become
symptomatic due
to such proximity to the vaccinated. At such point there is a danger that
“public health
bureaucrats” might use such cases to “speculate that a child's illness is
related to a SARSCoV-
2 ‘variant,’” when it is a result of contact with vaccinated adults.

第四に、そのような脱落は、子供が親の近くにいて、
これらの実験的ワクチンを受けた教師。 COVID-19の脅威が
若者は、99.997%の生存率を含め、「無関係」と正しく説明されています。
20歳未満の場合、AFLDSは、一部の子供が症状を引き起こす可能性があることを懸念しています
ワクチン接種されたそのような近接に。そのような時点で、「公衆衛生
官僚」は、そのようなケースを使用して、「子供の病気がSARSCoVに関連していると推測する-
2ワクチン接種を受けた成人との接触の結果である場合、「バリアント」。

“Our other concern is that children could develop long-term chronic
autoimmune disease
including neurological problems due to the fact that children have decades
ahead of them
including neurological problems due to the fact that children have decades
ahead of them
and trillions of the spike proteins mentioned above.”

「私たちの他の懸念は、子供たちが長期の慢性自己免疫疾患を発症する可能性があるということです
子供たちが何十年も先を行っているという事実による神経学的問題を含む
子供たちが何十年も先を行っているという事実による神経学的問題を含む
そして、上記の何兆ものスパイクタンパク質。」

Fifth, “AFLDS is aware of thousands of reports involving vaginal bleeding,
postmenopausal
vaginal bleeding, and miscarriages following COVID-19 vaccination as well as
anecdotal reports of similar adverse events among those in close contact
with the
vaccinated.” While at this point the independent physicians organization
“cannot
comment definitively on the close contacts” other than to mention they
“have heard
reports of this worldwide,” the many reported incidents of post-vaccination
vaginal
bleeding establishes a clear “connection between the vaccine and irregular
bleeding.”

第五に、「AFLDSは、閉経後の膣からの出血に関する何千もの報告を認識しています。
膣からの出血、COVID-19ワクチン接種後の流産、
と密接に接触している人々の間で同様の有害事象の事例報告
ワクチン接種されました。」この時点で、独立した医師組織は「できません
彼らが「聞いたことがある」と言う以外に、密接な連絡先について明確にコメントする
これに関する世界中の報告」、ワクチン接種後の膣の多くの報告された事件
出血は、明確な「ワクチンと不規則な出血との関係」を確立します。

“Despite this clear-cut evidence, menstrual-cycle changes were not listed
among the FDA’s
common side effects in its phase-three clinical participants. Women’s
reproductive health
needs to be taken seriously rather than waved away by agenda-driven public
health
officials,” the brief reads.
Finally, acknowledging the “irrepressible economic incentive among
pharmaceutical
companies” to market unnecessary and dangerous childhood COVID vaccines,
boosters,
and the like, AFLDS insists “Public health experts should stop and assess
data on possible
vaccine side effects and related post-vaccination questions before it is
too late.”

「この明確な証拠にもかかわらず、月経周期の変化はFDAの中にリストされていませんでした
そのフェーズ3の臨床参加者における一般的な副作用。女性の生殖に関する健康
アジェンダ主導の公衆衛生に振り回されるのではなく、真剣に受け止められる必要があります
当局者」と簡単に述べています。
最後に、「製薬会社の間で抑制できない経済的インセンティブ」を認める
不必要で危険な小児COVIDワクチン、ブースター、
AFLDSは、「公衆衛生の専門家は、可能性のあるデータを停止して評価する必要があります。
手遅れになる前のワクチンの副作用と関連するワクチン接種後の質問。」

RELATED:

Thousands of reports of menstrual irregularities, reproductive dysfunction
following
COVID vaccines
Frontline Doctors: Experimental vaccines are ‘not safer’ than COVID-19
Dr. Peter McCullough: given an 80% level of herd immunity, broad
vaccination has ‘no
scientific, clinical or safety rationale.’
EXCLUSIVE - Former Pfizer VP: ‘Your government is lying to you in a way
that could lead
to your death.’
Anti-lockdown scientists challenge theories of Geert Vanden Bossche, though
vaccine
‘global catastrophe’ not ruled out
‘Miraculous’ ivermectin approved for use in the US for the treatment of
COVID-19

月経不順、次の生殖機能障害の何千もの報告
COVIDワクチン
最前線の医師:実験的ワクチンはCOVID-19より「安全ではない」
Peter McCullough博士:集団免疫のレベルが80%であることを考えると、広範なワクチン接種には「
科学的、臨床的または安全性の根拠。」
排他的-元ファイザー副社長:「あなたの政府は、
あなたの死に。」
封鎖防止の科学者は、ワクチンを使って、Geert VandenBosscheの理論に挑戦します
「地球壊滅」が排除されていない
COVID-19の治療のために米国での使用が承認された「奇跡的な」イベルメクチン

☆賢人先生に英文のPDFを放り込まれ 出本は?と確認したら
「わすれたw」といわれ頭を抱えた門弟の簡単な所感というか
魔法少女隊の得ている 感触を得ている 状況のレポート(まとめ 夏休みの推薦図書もところどころ)

ワクチンは うちたきゃ勝手に打てw いいから打て 毎日打て
菅は馬鹿か? 馬鹿正直に打たないで水で薄めて大量に年寄にうって
ファイザーにはでっち上げたデータ送ればいいだけ
森カケ サクラで 捏造 隠蔽は得意だろーがw
オリンピック学徒動員に応じた一家には家族分の水増しワクチン接種券をくばれば
支持率爆上げw


ファイザー製ワクチンは不妊症を呼び込み 非ワクチン接種者に対しての
ワクチン接種者から発生したスパイクタンパク(コロナウイルスと同種のあるいはそれを強化した物)によって免疫不全を起こし感染症に弱くなるなる=インフルエンザや他の疾病での死亡率が上がる

いわば武漢ウイルスとの兄弟ワクチンであり
人口削減を意識したワクチンであると考える

オクタゴンアライアンス→ナチスの残党 ヴァチカン悪魔的勢力
(ファウチ博士 祖父はシチリア系のオリーブオイル輸入業者 間違いなく
シノギは禁酒法時代の密造酒&麻薬の輸入)

シチリア系といえばラッキールチアーノ
麻生も写真を撮影しにいった 元マフィア
マリオルチアーノ氏の著作は アメリカとシチリアマフィアとヴァチカンの
ガワを読み解くのには役に立った

(破界 山口組系組員になったゴッドファーザー末裔の数奇な運命)
マリオ・ルチアーノ (著)

地球人口90パーセントの削減が目標 愚民下民は抹殺か奴隷化→オクタゴンアライアンス

盲目安倍信(中にオクタ別動隊Qアホウや中共五毛党も扇動担当で混じっている)
などの馬鹿 馬鹿BBA 馬鹿不細工 99パーセントカットが目標
→オクトパスアライアンス内の急進的勢力 魔法少女隊
(五六七魔導大隊)→五六七は「ころな」とも読めるが「みろく」とも読む

レッツナチ公Xレッツユダ公
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/_floorA6F_hc.html

日本人のナチ知識はひどすぎw 南極に残党がいるんだからね!

ガールズ&パンツァーを軍靴の音と
批判する共産党ぬる過ぎw サイモンなんちゃらにナチス賞賛
アニメでナチを賞賛する軍歌 賞賛した衣装デザインとかと放り込めば
いくらでも潰せたw
おいチクリの中山防衛副大臣やるなよ!? 中共から徹底干され中の茅野愛衣の仕事が
また減る!!w )

(↓このあたりは大人気コーナー 国際ヨタ話もみながらだと理解が早い話)

第四次(第三次)大和朝廷の長州系天皇
→拝察云々 朝敵は長州閥安倍と満州国里見タダスの
(親父が里見の手下疑惑尚 里見と菅パパは同郷)枝葉の菅

麻生は(薩摩系 皇室の縁者)は奇妙に現政権と距離を置きだす
イギリス留学経験があり オリンピックの選手でもあった麻生
情報ルートはいくつか考えられるが考えすぎ?

身内は旧相馬男爵家 天皇賞馬スーパークリークの生産などで有名
相馬の先々代はアイルランドセントレジャー勝ち馬イブンベイのオーナー
(英国産 第七代英国カーナボン伯爵と繋がり
居城は女王陛下の持ち馬 ディープインパクトの先祖の名前でもある
「女王の持ち馬であったハイクレア」城)

大英帝国→モデルナ 菅をゴミを見るような眼でエリザベス女王が引見
アン王女の日本の民衆感情にどーのこうのでドタキャン
北京オリンピック憎しで 北京オリンピックの先兵となった東京オリンピック潰し

・小山田 障害児 うんこ食わしいじめ→第一報がジョンストン首相がいた新聞社
→米国のオリンピックスポンサーとコラボして世界中に報道

・ユダヤ人虐殺ネタの 小林賢太郎 →中山防衛副大臣がチクリ サイモンなんちゃらで
世界中で東映スーパー戦隊の特殊効果ばりの大炎上

・サイバーテロがあると思われる→ ロスケ&シナにセキュリティホールを通報して使嗾

・里見タダスから始まった電通に英国とつながった通報者?枝?草?が存在か?

・開会式ドラクエだってよ 大好きなすぎやん大丈夫? 高齢だから手加減との観測だが
ホロコースト否定 ドラクエに出たモンスターホロゴースト LGBT否定
淡路島(堀井雄二氏の故郷)のドラクエランド(パソナのダーマ神殿が魔法少女隊内で話題絶賛 転職先はどれをえらんでも奴隷w)とのからみ?
中山さんまたチクリですか?

北京オリンピック&ナチの商業オリンピックの流れなIOC潰しと見せかけて
300人委員会 菅よ!モデルナのワクチンも買って 日本で打て!いいからうて!
かもしれない

(英国が薩長下克上で成立させた皇室に対してのオプション)
1そのまま存在させて使いだてる 2天皇制の廃止に向かう日本 3真正天皇家の復興

真正天皇家(真正御皇室)を英国が保護してるのでは?との観測あり

第二次大本弾圧で出口王仁三郎は裁判所に 有栖川宮の御落胤と申し立てたが
(有栖川宮との比較写真は確かに似てる)こちらは後陽成天皇からのながれの
第二次もしくは第三次大和朝廷の真正天皇の血筋
大本弾圧は結局終戦で沙汰やみ 大本本体は女系での継承

五六七の世では自然食品のすすめなど出口の思想は面白いところもある

南朝思想は父が皇室に献金していて足利将軍が使い物にならなくなった織田信長が活用
それを継承した豊臣秀吉の活用(足利義昭の養子になろうとしたが断られ 武家公家政治→天皇推戴)
それを継承したが島津と毛利を潰し損ねた徳川家康の子供が真面目に研究
(水戸学 家康が生きていれば適当に皇室尊敬をやらせたかも)

尚三英傑ともに改宗ユダヤ人→宣教師(イエズス会フランシスコ会)→日本商人
などが仲介した ファンドを運用してたとの話があり
秀吉がキリスト教嫌いになったのはファンドの損害に切れたとの話

(その壱 江戸時代の経済入門! Kindle版 の受け売りw)
信長の経済政策は講談社のセンゴクなどが詳しい

アメリカ→ファイザー ファウチ(代わりはいるもの)←シュワブ
アメリカは混迷状態で一枚岩ではない 先読めなさすぎ
バイデン認知進み過ぎ

Qアホウ→オクタゴンアライアンスの末端枝
→おかげで米国保守勢力は危険と印象操作 米国保守はテロリストとレッテル貼りと分断に成功
日本のアベシン ネトウヨなどもこの末路をたどるのか?
ビジウヨでまともに 見れるのが
マンガ売りもかねての宣伝活動的ではあるが 孫向文くらい?

鉄扇会にはじまったネット右翼に代わり おれたち反日族の勃興か?

画像 変態二人

クラウスシュワブ

[image: クラウス・シュワブ.jpg]

みにつけてるチンコケースはなんでも 悪魔の花嫁というそうで
日本のポップカルチャーの影響もあります
クールジャパンで夏野剛も大喜び

魔法少女ティロ・フィナーレ
(童貞こじらして 魔法少女になったとかいいはる)

変態はだれでしょう? そう私です!

世界は今日も変態が動かす! 俺たちはんにちぞく!

(適当な翻訳で申し訳ないです 後半ダレました各自で改めてご確認ください)

pdf icon a408d4b3ac4183a3e4154a00338c5a67.pdf

-Uncategorized