Uncategorized

今週の新しいinfosec製品:2021年8月6日

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

今週の新しいinfosec製品:2021年8月6日

先週の最も興味深い製品リリースを見てみましょう。McAfee、AppOmni、Satori、SentinelOne、OptivSecurityからのリリースが特徴です。

McAfee MVISION Private Accessは、任意の場所とデバイスからのプライベートアプリケーションへのアクセスを保護します

MVISIONプライベートアクセスは、データ中心性を、顧客のデータセンター内、またはプライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境でホストされているかどうかにかかわらず、任意の場所からプライベートアプリケーションへのきめ細かい「ゼロトラスト」アクセスのコア機能にすることで、ゼロトラストネットワークアクセス市場を混乱させます。デバイス。

AppOmniのプラットフォームは、クラウドおよびSaaSの侵害から企業を保護します

AppOmni SaaSのセキュリティ管理(SSM)プラットフォームSaaS型セキュリティ状況、保護、および監視機能の完全なスイートを提供しています、Salesforceの、ServiceNow、マイクロソフト365、マイクロソフトチームを含め、市場で最も広く採用されていると、ビジネスクリティカルなSaaSアプリケーションをカバー、GitHub、Workday、Box、Slack、Zoom。

Satori Data Security Policy Engineは、企業のデータセキュリティを合理化します

さとりDataSecOpsポリシーエンジンは、エンタープライズ・データ・アーキテクチャの要求を満たすために拡張することができ、セキュリティポリシーを定義するのに再利用可能なポリシーオブジェクトを使用して全体的な設計モデルを提供します。データエンジニアは、既存のデータストアに加えて、行レベルのセキュリティ、列レベルのセキュリティ、およびマスキングポリシーを定義および管理できます。

SentinelOne Storyline Active Responseにより、SOCチームは積極的かつ効率的になります

SentinelOne Storyline Active Responseは、セキュリティチームがカスタムの検出および応答ルールを作成し、それらをネットワーク全体または必要なサブセットにリアルタイムで展開して、脅威をプロアクティブに検出して対応できるようにします。

Optiv Security MXDRオファリングにより、クライアントは重大なサイバー攻撃に対抗できます

Optiv MXDRは、マネージドクラウドベースの次世代の高度な脅威検出および対応サービスであり、テクノロジーのさまざまなレイヤーにわたってデータを取り込み、悪意のあるアクティビティへの自動応答をリアルタイムで相互に関連付け、正規化し、強化し、有効にします。

-Uncategorized