カテゴリー

Uncategorized

コロナ健康法で病気を起こさない体になる!

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

コロナ健康法で病気を起こさない体になる!


50年前に、理科系大学を出た老人です。
現在、NHK料金を支払うのが馬鹿らしいのでテレビは
廃棄しました。
コロナ対策に関して、日本人は、平安時代に戻ったように
劣化しているように感じています。
マスク、消毒、ワクチン接種しても感染者が増加するのは、これらの対策では、根本的な解決策にならないことを証明しているのではないでしょうか?

トランプ大統領の治療に当たった主治医の会見を日本人は無視しているのが、一番の原因だと推測してます。

理論的に考えて、スパイクタンパク質を目標とする治療法は、有力な特効薬をカモフラージュして、注意点をそらす偽旗作戦だと推測してます。
容易に変化するスパイクを100%正確に予測することは、そもそも不可能です。

ではどうするか? 主治医は、HCQと亜鉛の組合せで治療しました。
この治療方針は、スパイクタンパクを無視しています。
しかし充分効果があった。
HCQも松葉茶に含まれるケルセチンも緑茶に含まれるエピガロカテキンガラートもすべて共通する効能は、人体細胞に亜鉛を取込む機能を促進することです。
 これは、私の推測ですが、細胞内に侵入したウイルスが、コピーで増殖するのを亜鉛が阻止しているのが最大の原因だと予想します。
suパイクタンパクで細胞内にいくら侵入しても、増殖できなければそのうち死滅します。
英国人が2015年7月23日に発明したアメリカ特許10130701号のコロナウイルスの内容を検討すると、何となく亜鉛の働きが理解できるように思われます。

亜鉛錠剤は、大塚製薬製が60錠約570円でネットで簡単に入手できます。

さて、私の体験談ですが、非常に健康な60過ぎの男性がファイザーの1回目のワクチン接種後、無気力状態となり、テレビを見ていると勝手に足がピクピク動くようになって私の所に相談に来たので、かねて用意しておいた、亜鉛錠剤とビタミンDを濃い緑茶と一緒に飲むように勧めたところ、3日後に、頭のもやもやも無くなり、手足も普通に動くようになったと喜んで報告に来ました。
亜鉛錠剤は非常時なので、1日3錠飲むように勧めました。

コロナ感染の疑いのある場合は、緑茶/松葉茶と亜鉛錠剤の併用を試してみるのが、一番有効で、一番安上がりのように思います。

-Uncategorized