カテゴリー

Uncategorized

mRNAワクチンの根本的な欠陥

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

mRNAワクチンの根本的な欠陥

そもそも-70℃という冷凍温度自体に無理があります。あと、mRNA自体が大変不安定な物質なので、その点も問題でしょうね。日本での件を受けて、モデルナの株価が急激に下がっています。

<タンパク質粒子が不安定になって凝集している可能性があるのでは?>

ワクチンはタンパク質粒子ですが、冷凍した状態の輸送の揺れでも性質を保てないことは先に報道されています
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20210210-OYT1T50231/
https://www.aba-j.or.jp/info/industry/14442/

http://water-solutions.jp/sars-cov2_mrna-vaccine/
ここの(B) 脂質ナノ粒子の8行目にありますが、「コロイド安定性」が崩れて、分解したものが「凝集」して異物になったんでしょうか?

分解してなんで凝集するの? と思われるかもしれませんが、「タンパク質粒子 コロイド 安定性」とかで検索してください
https://www.tus.ac.jp/today/archive/20190924001_1.html

「ナノ粒子 凝集」とかでも検索してもらうれば早いかもしれませんが、ナノレベルで小さくなりすぎると不安定になります

-Uncategorized