Uncategorized

タクラマカン砂漠

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

タクラマカン砂漠

【环球地理探索】タクラマカン砂漠というのは、砂砂漠としては世界一の大きさだそうで、その面積ときたら、日本の本州より大きく、日本全土よりはちょっと小さい程度というから、想像を絶するもんだ。長らく放置されていたんだが、前世紀末から油田の開発が本格化し、でもまだ油田の規模がどれくらいなのかすら明らかではない。結構な量があるらしい。アメリカも産油国だが、中国も産油国なのだ。

2015年7月24日、新疆ウイグル自治区人民政府は、郡直轄の郡レベルの地域からチャルチャン郡にタゾンタウンを設立すること、および現在のタゾン石油地区にあるタウン政府の事務所ビルを承認しました。委員会[2]。
タゾンタウンの経済は石油を中心に展開しています。タゾンタウンのエリアには、ペトロチャイナタリム油田支店、シノペック北西油田支店、大慶油田タドンカンパニーなど、100を超える油田ユニットと建設ユニットがあります。

まさに、開発はこれから。タクラマカン砂漠にも水がない事はないんだが、みんな地中に呑み込まれてしまうので、地下には豊富な水脈があるらしい。そこでアイデアなんだが、日本列島並みの広大な面積を太陽光発電にして、その下、日陰になって涼しいところで植物を育てて、地表に水分を取り戻しながらエネルギーを得る。せいぜい100か200mの井戸を掘れば水は出る。中国も黄土高原の緑化はそれなりに進んでいるようなので、あいつらなら1000年計画で「砂漠に緑を取り戻す」くらいの事はやってくれるだろうw

-Uncategorized