カテゴリー

Uncategorized

ドクダミの根っこ食うくせに何言ってんだ

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

ドクダミの根っこ食うくせに何言ってんだ

【李姉妹ch】中国人が食べるのをためらう日本の食べ物8選!というんだが、ドクダミの根っこ食うくせに何言ってんだ、というような感じなんだが、まぁ、生卵とか判らないでもないんだが、納豆。日本の納豆は中国から伝わったものです。鑑真が納豆を持ち込んだとも言われるが、それ以前から日本独自の納豆があったかどうかは定かでいない。

北宋や南宋に渡航した仏教僧たちが塩辛納豆を持ち帰り、再度国内に紹介した。寺院内でも盛んに生産したことから、これらは寺納豆とも呼ばれるようになった。こうした伝統を持つものが今でも京都の大徳寺(大徳寺納豆)、天龍寺、一休寺や浜松の大福寺などで作り続けられており、名物として親しまれている。このうち浜松地方で作られる塩辛納豆は浜納豆の名称で販売されている[13]。

南北朝時代、丹波山国荘の常照皇寺にいた光厳法皇が村人に藁包納豆(山国納豆)の製法を伝えた記録が残る[18]。室町時代になると、糸引き納豆が広く知られるところとなり、日常食として消費されるようになるとともに、「納豆」という言葉もまず糸引き納豆を意味するように変化していったとされる。

次に塩辛なんだが、これも大陸由来で、今でも韓国ではアミエビの塩辛はキムチに欠かせない。タイではカピと言うよね。

たとえば、タイでしたら「カピ」、マレーシア、インドネシアあたりであれば「ブラチャン」「トラシ」と呼ばれるアミ(エビ)の塩辛が、カレーのような料理などで、頻繁に使われているのです。それで、塩分とうま味をつけているわけです。

あるいは、すでに日本でも有名になってしまったタイの「ナムプラ」、ベトナムの「ニョクマム」のような調味料も実は塩辛です。その液体利用。日本の調味料でいえば、味噌と醤油のような関係です。

イナゴの佃煮はタイでよく食った、あっちのはデカいんだw 脚はボソボソして食えないので捨てるほど。タイでも田舎の食い物なので、ゴーゴーバーの娼婦が隠れて食っている。一匹貰って食って見せると親近感を覚えるのか、モテますw 白子はねぇ、XVIDEEO見てると、「おちんぽ汁くださーい」みたいな姑娘が出て来たりするんだが、違うのか?

-Uncategorized