夜来香


【夜来香】マレーシアのペナンで活動しているエスニック・バンドです。もう20年もやってるそうだ。中国の夜来香をマレーの曲と合体させて弾いてます。胡弓弾きだけは華人かな? なんでマレーシアにたくさんの華人がいるかというと、イギリス人がマレー半島を植民地にして、錫の採掘やゴム園の経営をするに当たって、現地人のムラユ(マレー人)を使おうとしたんだが、嫌がって逃亡してしまうので、中国から奴隷を買って来て働かせたわけです。マレー半島というのはほとんど人間が住んでない土地で、マラリアが蔓延っていたため、ムラユは河の水面の上に作られた小屋で暮らしていた。上陸したらとたんにマラリアで死んでしまう。イギリス人もバタバタ死んだが、連れてこられた中国人もバタバタ死んだ。ごく一部が生き残って、国から家族を呼び寄せて、繁殖した。戦後、華人の多くはシンガポールを拠点に独立するが、マレーシアにもたくさん残っている。というわけで、華人とムラユの混成バンドです。なかなか楽しそうに演奏してます。マレーシア人が演ると、また違った雰囲気になって良いですね。


コメントをどうぞ