原子力座頭市




潜水艦て、何見て動いているのかと思ったら、何も見てないんですねw ソナーもレーダーも使えないしw めくらめっぽう、水中を時速30kmで走り回る。キチガイだw 座頭市って映画があったが、アレはあまりにご都合主義のフィクションかと思ったら、原作があり、モデルになった実在の人物がいるらしい。

子母澤寛が1948年に雑誌「小説と読物」へ連載した掌編連作『ふところ手帖』の1篇『座頭市物語』が原作である。 後年子母澤は語ったところによれば、 江戸時代に活躍した房総地方の侠客である飯岡助五郎について取材するため千葉県佐原市へ訪れた際に、飯岡にまつわる話の一つとして土地の古老から聞いた盲目の侠客座頭の市の話を元に記した。
『座頭市物語』が収録されている、子母澤寛の随筆集『ふところ手帖』は1961年に中央公論社から発売。1963年に同社から発売された子母澤寛全集へも収録、1975年には中公文庫 (ISBN 4122002435)、講談社から発売された子母澤寛全集へ収録されているなど、単行本の発売以来一貫して原作の閲覧・入手は容易である。

まぁ、この人が仕込み杖の剣客だったわけじゃなかろうがw

米海軍の原子力潜水艦「コネティカット」が10月初旬、南シナ海を航行中に海中で衝突した正体不明の物体について、海軍は調査の結果、未知の海山だったことが分かったと発表した。
海軍によると、この衝突で乗員数人が負傷し、艦体も損傷したが、原子力推進装置に損傷はなく、負傷した乗員も命に別条はなかった。

さて、原子力座頭市が他人の縄張りを荒らした挙句に自損事故、というので中国がカンカンなんだが、南シナ海は自分の縄張りだと、中国としてはそう思っているわけで、そこで原子力座頭市が身を潜めて隠れていたんじゃ、面目丸つぶれだ。だったら、こっちもメキシコ湾に潜水艦送り込むぞ、って、中国の潜水艦は煩いので有名で、「銅鑼を叩きながら進む」とまで言われるので、すぐバレるわw

【女将を呼べ!】米原潜が衝突した正体不明の物体、未知の海山だった

女将を呼べって?

不思議だよな

レーダーで察知出来なかったの?

お総菜を計って盛り付ける仕事をしてるんだけど、たまに酷い出来の料理が出て来ると

「この○○を作ったのは誰だ!」って調理場の方にどなりこんでる

どうやって調べたんだろう、見に行ったのかな

画像化ソナーはアクティブの内だからまずかろうが、海底に向けてレーザー出しておくくらいはできないのかな。

↑ 水中で光学機器はほとんど役に立たない

潜水艦ってカメラで外見えるようにしたらいいのに

↑ 明かりがあっても水中の透明度は数十メートルがせいぜい

艦首から艦尾が見えないレベルだよ

海自が精密な海図持ってるだろ 共有して無いのか?

↑ 米海軍はもっと詳細なものがある、米海軍さえ知らなかったなら海自も知らなかったはず。

中国船が日本のEEZで何か海中に放り込んでウロウロしてるが。

あれは海底の地形を計測してるんだな

山岡「明日、もう一度ぶつかってみてください。こんな紛い物じゃない本当の海山をみせてあげますよ」

海底都市の遺跡だよ
政府は隠蔽しているから真実を公表できない

UFOも最近、アメリカとイスラエル政府が認めたがずっと隠していた

JALの国際便に乗るとさ
現在地が表示される世界地図に「19↑ Indianapolis」って
沈没地点がマークされてんだよね

アメリカ人は執念深いな(笑)

米原 潜(よねはらもぐる)ていう人名かと思った

今どきの潜水艦って目の前の海底地形をスキャンしてリアルタイムで映像化ぐらいやってるのかと思ってたけどまだまだだな

↑ 潜水艦が自前でできるなら、測量船はいらんわな

潜水艦の待ち伏せ攻撃がどれだけメリットあるかわかる事案。

マッピングが任務だった可能性があるって星条旗に寄稿してるひとがいたけど。

まあこの艦は今後Wilee Coyoteと呼ばれるわけだが

米原潜の自爆事故だったのに、

なんで中共があんなに顔真っ赤にして噛み付いたんですかねぇ。

見張りが寝ぼけてたのか?

沖縄の件で、福徳岡ノ場?とかいうの調べたけどすごいねー海底火山って

地球って、やっぱまだ中はボコボコしてるんだなー

メタンハイドレートの山に衝突と軍事の専門家とやらが言いそうだな
水中を漂ってる軽石で原潜の冷却水フィルターが詰まってメルトダウン事故が起きそう

浮上すると状況はさらに悪化する

チャイナがなんで必死になってたのか?

南シナ海に面した中国南部に2つの海軍基地がある。
そこから出る艦船や潜水艦を狙われると
ごっそり撃沈される。 海自潜水艦も15年前から南シナ海で演習してるのも

目的はひとつw

未知の海山?

中共が大急ぎで造成したヤツか?

てか、海図に載っていないくらいでぶつかるのか?
ハイテクソナー付いてるんだろ?
前方に障害物ありまーすくらい解るだろ?

アレだよ、アレ。ぶつかったのは。人類は滅亡する!

↑ 戦略級の原潜はアクティブソナー使えんだろ

相手は山だし、パッシブも使えん

伊能忠敬を呼べ

いまはなきもぐりんって観光潜水挺に
海自の潜水艦乗りがやってきて

海底が見えるってはしゃいでたのおもいだすわあ

中国「山を置いておけば原潜に勝てる!」

やっぱり
20年くらい前に南シナ海で似たようなことがあった
普通の海図にはない海山と衝突したが、米海軍の秘密海図にあったので、艦長は解任
(陸地に上がったか、銃殺されたかは知らない)

後で検索してみる

↑ 調べてみた
2005年1月8日にグアム島南560kmの海面下150m以上を時速55km(30ノット)以上(性能の秘密に関わるから数字はあいまい)
攻撃型原潜(核認証艦)「サンフランシスコ」SSN-711、ロサンゼルス級24番艦
乗組員137人、死者一人、負傷者98人、重傷の23人は任務に就ける状態でなかった。

ケビン・ムーニー艦長(中佐)を解任、懲戒処分

既知でなかろうが障害物は回避すべきだろ

メクラめっぽう走ってるのか?

↑ 窓が曇ることもある

気配ってのはこういうことだよ
例えば真正面の温度を継続的に測っていたとするだろ。海水だけがある場合と、海底の砂なり泥が正面にある場合とでは計測値は変化する。
音でも同じ、眼が見えている人でも、少し練習すると、目の前に壁があるときとそうでないときの音の聞こえ方が違うのはわかるようになるよ。
世の中というのは、聴覚が無視している無駄な騒音に満ちているんだが、壁がある方向からは来ない。
暗騒音が途切れるのは感じ取れるものだよ。
都会の街路灯や対向車のライトで飽和されたような道路でも、無灯火のバスが目の前を横切ると、ヌリカベのように遠方の無意味な灯りが遮られるので何かおかしいとわかる。
ハイドロフォンで前下方を聴取していれば、自艦の発してる騒音が反射してくる時がある。海底が近寄ってるってことだ。

ドント・ルック!  フィーール!の世界ですよ

潜水艦の性能が悪いのは中国の軍事上、最大の欠陥で、そもそも海洋国家ではないので海軍が弱いw ベニヤ板の手作りヨットで単独太平洋横断やってのける日本人とは違う。まぁ、アメリカを裏切って中国と軍事同盟結ぶ時には、中国の貧弱な海軍、特に潜水艦を日本で補ってあげるような体制にしたらいいと思うw 

子母沢の生きていた頃はまだ江戸時代を知っていた人がたくさんいて彼の作品はフィクションであるが貴重なノンフィクションの側面があるんですな。
中でも新選組始末記はその後のすべての新選組フィクションの土台になった作品で、新選組の光と影(影の部分のほうが多いが)よく描き出されている。京都市民からはみぶろと言われ忌み嫌われたこともここにはきちんと書かれていますな。まあ現代の新選組人気は後の司馬だとかその他有象無象のバカ作家の虚像だということがよくわかります。

そういや純然たるフィクションかと思ったら実話だったというのが「半七捕物帳」のネタで、岡本綺堂も古老の聞き取りなどからたくさんエピソードを集めていたんですな。青空文庫で知った。
とくに津の国屋などの怪奇譚は実話があることを知って驚いたが、いまだに(作品中も)未解決な部分があって気味が悪い。

ところでまあ原潜はしょっちゅう事故起こしてるんだが、詳細は下にありますな。現地は水上ノイズでパッシブソナー効かなかったという言い訳。あの辺りは夜飛行機で眼下をみると無数の漁船が明かりをともしている。商船の行き来も多いですな。
https://www.cnn.co.jp/usa/35177823.html

香港(CNN) 米海軍の原子力潜水艦「コネティカット」が先週末、南シナ海で物体に衝突した事故をめぐり、専門家からは、同艦は世界でも特に難易度の高い水中環境で活動していたとの指摘が出ている。艦の上方は大量の雑音で埋め尽くされ、海底地形も絶えず変化している海域だという。

米国防当局者は7日、コネティカットの事故について詳しい情報は示さず、南シナ海で潜航中に物体に衝突し、多数の乗組員が負傷したと述べるにとどめた。

海軍によると、負傷の程度はいずれも軽かった。コネティカットは8日、自力で米領グアムの海軍基地にたどり着いたという。

海軍報道官はCNNに対し、潜水艦の前部が損傷したと述べ、「完全な調査と分析」を行う方針を明らかにした。

コネティカットは米海軍が保有する3隻のシーウルフ級潜水艦のひとつ。1998年に就役した同艦は排水量9300トン、全長約107メートルを誇り、原子炉1基を動力とする。乗組員は海軍要員140人。

コネティカットの船体は最新のバージニア級攻撃型潜水艦よりも巨大で、米国の他の攻撃型潜水艦に比べ多くの兵器を搭載できる。米海軍の説明文書によると、この中には魚雷最大50発とトマホーク巡航ミサイルも含まれる。

艦齢は20年を超えるが、就役中にシステムの更新が施されており、技術的にも高度な艦とされる。

海軍はコネティカットについて「極めて静粛かつ高速であり、高度なセンサーを搭載している」と述べている。

それでは、どのようにして南シナ海でコネティカットに問題が発生したのか。

海軍はコネティカットが何に衝突したのか明らかにしていないが、専門家からは、南シナ海の環境は同艦の高度なセンサーにとっても難易度が高いとの声が上がっている。

英ロンドン大キングスカレッジのアレッシオ・パタラーノ教授は、「雑音の多い環境ではソナーで捉えきれないほど小さな物体だった可能性もある」との見方を示す。

米海洋大気庁(NOAA)によると、海軍の艦船は水中で周囲の物体を探知するのに「パッシブソナー」を使う。「アクティブソナー」が発信音を送り、反響音が戻ってくるまでの時間を記録するのに対し、「パッシブソナー」は自らに向かってくる音だけを探知する。

これにより潜水艦は静粛性を保って敵から身を隠すことできるが、その反面、他の装置や複数のパッシブソナーを頼りに、進路上にある物体の場所を三角測量で割り出す必要が出てくる。

南シナ海は世界で最も混雑した海上交通路や漁場の一つとなっているため、水上の船が発するあらゆる種類の雑音の影響で、その下の潜水艦に危険をもたらしかねない物体が覆い隠される場合もあるという。

「事故が起きた場所によっては、一種のノイズ干渉(通常は上方の船舶から来る)がセンサーやセンサーの操作に影響を与えた可能性もある」(パタラーノ氏)

しかも、南シナ海の潜水艦にとって問題になりうるのは船舶だけではない。そう語るのは米海軍の元大佐で、米太平洋軍統合情報センターの作戦責任者を務めたこともあるカール・シュスター氏だ。

シュスター氏は「この海域は音響環境が非常に悪い」と述べ、水の性質そのものが問題を引き起こす可能性にも言及した。

また、潜水艦の下にある何かが問題を引き起こした可能性もある。

「あの海域の環境や海底は、ゆっくりとだが確実に変化している」とシュスター氏は指摘。「絶えず海底地形の地図を作っておく必要がある海域だ。地図に記載されていない海底の山に衝突することもありうる」と語っている。

この地域で潜水艦がらみの事故が起きるのは今年2度目。4月にはインドネシアの潜水艦がバリ海峡で沈没し、乗組員53人全員が亡くなった。

インドネシア当局は「自然や環境面の要因」によって事故が起きたとしつつも、これ以外の詳細は明らかにしていない

大方海中の海図でも作ってたんだろうがインドネシア海軍のように沈没しなかっただけ良かったですな。

特に潜水艦を日本で補ってあげるような体制にしたらいいと思うw

米原潜は海自潜水艦よりも遥かに高性能で、海自幹部もそれを認めていますので、海自の潜水艦は対米には使えません。
更に中国の原潜の発展速度は既にアメリカの予想を超えています
https://grandfleet.info/european-region/british-aircraft-carrier-queen-elizabeth-surrounded-by-chinese-offensive-nuclear-submarines/

中国の攻撃型原潜に囲まれていた英空母クイーン・エリザベス、3隻の商級原潜が空母打撃群を追尾
デイリー・エクスプレス紙を始めとする複数の英国メディアは8日、英空母クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群が南シナ海を離れる際に中国海軍の攻撃型原潜3隻を発見したと報じている。

参考:Chinese nuclear attack subs ‘stalking’ Britain’s new aircraft carrier across Pacific
参考:China’s Nuclear Attack Submarine “Stalkers” Britain’s New Aircraft Carrier Crossing the Pacific

南シナ海で中国の攻撃型原潜に囲まれていた英海軍の空母打撃群、太平洋に入って中国海軍の潜水艦を検出
英空母クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群は先月末に南シナ海に入り軍事演習を実施して今月6日に米海軍のグアム基地に入港したのだが、南シナ海を離れて太平洋に入った際に23型フリゲートのリッチモンド(F239)とケント(F78)が2隻の中国海軍の商級(Type093)攻撃型原潜が空母打撃群を追尾してくるのを発見、さらに水中から空母打撃群を護衛しているアスチュート級攻撃型原潜が別の商級攻撃型原潜を発見したと英国メディアが報じた。

出典:Royal Navy / OGL v1.0 23型フリゲートのケント(F78)

発見した中国海軍の攻撃型原潜に対して英海軍がどのように対処したのかは不明だが、元英海軍のクリス・パリー少将(フォークランド紛争でアルゼンチン海軍の潜水艦を座礁に追い込んだ経験をもつ)は英国メディアの取材に対して「今回のニュースはイラクやアフガニスタンで著しく低下した対潜水艦戦能力が回復して本来の任務が遂行できるようになったことを示しており良いニュースだ」と述べているが、英空母打撃群が中国の攻撃型原潜を発見したの南シナ海から太平洋に入って「6時間以内」と言っているので本当に本来の対潜水艦戦能力を取り戻せているのかは謎だ。

匿名
2021年 8月 09日
093B型SSNの性能は改ロサンゼルス級(フライトⅢ)に匹敵するので、
アメリカ側の予想は一応超えている(093B型は2017年から就役開始)。
もっとも、改ロサンゼルス級は20~30年前に建造されたSSNなので、
中国の原潜技術はまだまだ発展途上にある(095型SSNで差を縮めようと健闘中)。
匿名
2021年 8月 09日
広域航空哨戒と言う点では日米に比べ劣るが米原潜に次ぐ高性能SSNを保有するので総合的には英国海軍は相当に高い対潜能力を持つと思われ
そうりゅう型1隻と上等な乗組員を俺にくれたら単独で第七艦隊壊滅させてやるなんてビッグマウス叩いた事で有名な元海自潜水艦長で海自潜水艦戦の教官も務めた中村氏が米原潜には海自潜水艦隊一個艦隊使っても負けると評してて更にその米原潜に演習で撃沈判定出したり米海軍潜水艦長に自分達と同等の戦力かそれに近い能力だと評価されてるのが英仏原潜なので…

https://www.mag2.com/p/news/28935/amp

日本の潜水艦は優秀どころか時代遅れ…元乗務員が語る不都合な真実


兵頭二十八ファンサイト @28funsite

>『コネチカット』は他国の潜水艦と水中衝突したのだと考えないと、10人以上が切り傷や打撲傷を負ったほどのマイナス加速度は説明できまい。

>>潜水艦が、他の潜水艦以外のモノに当たったとすれば、それは、水中に設置された何かの人工装置や、魚網という可能性もある。ニュージーランドに住む、米国安全保障の専門家氏いわく。負傷者がいずれも軽症ということは、スピードがそんなに出ていなかったことを物語る。あり得る可能性として、『コネチカット』は海底地図を測量していたのだろう。中共とロシアの潜水艦は、敵潜のソナーを盲目化するシステムを持っているので、そのために『コネチカット』は気づかなかったのかもしれない。シーウルフ級は浅海面での行動に特に長けている。それでも相手を察知できずに衝突が起きたとすれば、衝突地点の深度は比較的に大だったのであろう。

【 アメリカ原子力潜水艦「コネチカット」水中衝突!中国が激怒した理由! 】

0:00イントロ
0:47コネチカット衝突事件
2:23米海軍シーウルフ級攻撃型原子力潜水艦が衝突
4:54シーウルフ級攻撃型原子力潜水艦とは?
8:09水中衝突したものは中国潜水艦なのか?
10:54原子力潜水艦コネチカットの衝突事故 まとめ

河井質店 @kawai_shichiten

>パーマンの「潜水艦見つけた」で出てくるウレッシャー号は、1963年4月10日に沈没したアメリカの原子力潜水艦「スレッシャー号」をモデルにしているものと思われます。作品中ではパーマン達に救われたウレッシャー号ですが、実際のスレッシャー号事故では、残念ながら129名全員が亡くなったそうです。

めだか大砲 @Medaka_Cannon

>「スレッシャー号」実在の原子力潜水艦で、当時の通称は「世界最強の原潜」。ところが、「何らかの異変が起きている」という通信の直後に船体が破壊される音が聞こえ、通信が途絶えてしまった。沈没原因は未だ不明で、深海に生息する未知の巨大生物に襲われて沈没したという説もある。

【1964年】潜水艦に『何か』がぶつかり制御不能に 600mの深海で一瞬にして圧壊してしまった『スレッシャー号沈没』【ゆっくり解説】

>このスレッシャー号は、当時世界一の性能と耐圧性をもっており、まさか沈没することになるとは、誰も思っていませんでした。しかし、潜水試験中に「何か」が艦にぶつかったことで、浸水が発生。その後原子炉は完全に停止してしまい、再起動する前に艦は圧壊してしまいました。

 シーウルフ級の2隻目で、特殊作戦用に改設計されたジミーカーターを除けば、シーウルフ級はこのコネティカットとの2隻だけだったとか。 冷戦下、ソ連との核対決を想定し金に糸目をつけない設計だったので冷戦終結後は高額すぎて調達できなくなったとか。

 そんな虎の子のシーウルフ級潜水艦なわけで、これからはもっと大事に使おうということになるのでしょうね。

 修理はグアムでは無理、西海岸のピュージェットサウンドは遠すぎる、となると、神戸あたりに回航されてくる、なんてことありうるのだろうか。 そうなりゃ、川重や三菱重工にとっては、原潜の機密をコピーする絶好のチャンスですね。


コメントをどうぞ