カテゴリー

Uncategorized

ゴミ売り新聞。

2021年11月5日

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

ゴミ売り新聞。

2021年11月5日

インドの勝ち(笑い所)



https://www.yomiuri.co.jp/world/20211029-OYT1T50456/

 【ニューデリー=小峰翔】インドの首都ニューデリーで、新型コロナウイルスの抗体保有率が97%に上ったことが地元当局の調査でわかった。新規感染も激減しており、集団免疫に近い状態を獲得した可能性がある。感染を防ぐのに必要な抗体量がいつまで維持できるのかや、新たな変異型に効果があるかは不明だ。

インド・ムンバイで新型コロナワクチンの接種を受ける人々(4月28日)=ロイター
 調査は9~10月、デリー首都圏政府が2万8000人を対象に実施。1月の前回調査では約56%だったが、8か月で急上昇した。首都圏政府のサティエンダラ・ジェーン保健相は、「大部分は感染で、残りはワクチン接種によるものだ」との見解を示した。集団免疫を獲得したかどうかは、「専門家が判断する」とした。

 インドは4~5月、感染拡大第2波に見舞われた。ピーク時の1日の新規感染者数は全国で40万人、首都では2万8000人に上り、首都圏政府はロックダウンを実施した。

 ロックダウン解除後もワクチン接種とマスク着用などの感染予防策は不十分だったが、7月以降は連日、首都の新規感染者が100人を下回っており、「集団免疫でしか説明がつかない」との見方も出ている。

 インドでは11月に大祭「ディワリ」が開かれる。再び感染拡大を招く恐れもあり、当局はマスク着用などを呼びかけている。

この記事を分かっている人が読むと、インドはイベルメクチンの効果で自然免疫を獲得し大成功した、と読める。

しかし記事のどこにもイベルメクチンのイの字も無い。
つまりそのことを知らない人が読むと、あたかもワクチンが効果を発揮したような印象を受けるようになっている。
(”大部分は感染で”とは書いてはあるが、これはマスゴミのよくやるアリバイ作り)
さらに写真がワクチンを打っている場面なので、そのような誤解が強調されるように書かれている。

まあ政府ご用達のゴミ売り新聞なので当然と言えば当然だろう。
この手の誘導に引っかからないレベルの知識が必要。

-Uncategorized