カテゴリー

Uncategorized

渡鹿野島奇譚

2021年11月7日

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

渡鹿野島奇譚

2021年11月7日



渡鹿野島に修学旅行、というんだが、渡鹿野島といえば有名な売春島で、全島売春婦だらけ、だったのは、もう20年も前だそうだが、既に今世紀に入っては日本人娼婦はいなくなり、タイ人や中国人などの外国人娼婦ばかりだったらしい。まぁ、そういう話というのは、人口に膾炙する頃にはもう遅いw チェンマイの「処女屋」というのが典型なんだが、処女ばかり200人集めた娼館があって、一回目の処女は1万バーツ、二回目からは次第に値が下がり、何回目かからは普通の娼婦と変わらない値段になって、処女屋ではない普通の娼館に移籍する、というんだが、おいらは写真だけは見たことがある。それまでにもチェンマイには何度も行っていたんだが、なんせ外国人が行けるような場所ではなく、現地の華人ののためのもの。中国人は、還暦のお祝いに子供や孫たちがカネを出し合って、処女を贈るという風習があって、そのための処女屋らしい。話を聞いて行こうかと思った時には、既に国連筋からのクレームで閉鎖されてしまっていた。穴場情報というのはそんなもんだ。

伊勢志摩国立公園内に浮かぶ三重県志摩市の渡鹿野島(わたかのじま)。漁業と観光業が主な産業で、周囲約7キロ、約180人余りが暮らす小さな島はかつて「売春島」と呼ばれた。長年、風評に苦しめられてきた島だが、10月に初めて修学旅行生が島内に宿泊した。住民らは対岸と結ぶ渡り船から下船する修学旅行生を歓迎。「島の歴史が変わる一日」。そんな声が聞こえるなど、島のイメージを変えたいという思いが伝わる。
10月13日夕、同市内での真珠加工、滋賀県内での信楽焼づくり、シーカヤックなどを体験するため4グループに分かれていた大阪府立長吉高校(大阪市平野区)の2年生約120人が分乗した渡し船が渡鹿野島の港桟橋に到着した。生徒たちが下船すると、地元の観光関係者、志摩市のPRキャラクター「しまこさん」の着ぐるみなどが拍手と笑顔で出迎えた。

売春島で有名なのは、シンガポールお気にある小島で、インドネシア領なのでシンガポールの法律は適用されない。ここにも多くのうら若き少女がー、とか聞いたが、さすがにシンガポールで漁船をチャーターして少女の島を目指すほど酔狂ではないので、話を聞いただけですw

修学旅行生「ラピュタは本当にあったんだ!」三重の『売春島』暗い歴史を払拭し修学旅行受け入れ

修学旅行って何を学びに行くんだよ

修学旅行で買春とはなかなか見込みがあるな

La puta. 売春婦(スペイン語)

↑ Laは冠詞だし発音はプータだよな

生徒「話が違うじゃねぇかっ!」

↑ 僕男の子なのに!

大阪から三重に修学旅行て・・・

↑ 伊勢神宮と鳥羽水族館しかねーぞ

寝るためだけの宿泊なんだろうけど島はいかがわしい店の残骸しかねえぞ

廃墟マニアと釣好きにはお勧めだが

長吉に行ってる高校生なんて男は族入りしてて女は風俗嬢予備軍だろうが!偏差値40無かったと思うぞ

風待ちの島(待っている間に何をしていたかは考えない)

頭の悪い高校の修学旅行は離島になる。

問題起こしようがないから。

日教組の朝鮮人教師「生徒の皆さん、このように日本人は最低の民族で~」

夕食の時でコンパニオンつくのかな

↑ ピンクコンパニオンつくんじゃね?

良い社会見学になると思うけど

長吉高校や平野高校は一学年上がるたびにクラスがひとつ減る。

だから修学旅行にいける奴は生き残りしもの

↑ 興味を持ったので偏差値調べたらホントに40以下だった。

同じ低偏差値学校でも農業高校のようなのんびり君高校ではなく、修羅が闊歩するタイプの学校か。

高校生「はよ、女もってこい」

ネットや週刊誌が面白おかしく書くだけで
20年前ぐらいには普通の家族連れやカップル観光客に入れ替わってたよ

スペイン村に近いし、花火が見えるから

風評?

長年それで食ってきたんだから風評とは言わんだろ

サミット前までは普通に売春してたよ

20年前なら結構残ってた筈

↑ サミット、オリンピック、万博によって
風俗文化が消滅されるさだめなんだね

長野県もオリンピック以降、風俗店って開業できないんだよね

↑ 大阪の飛田新地が賢いのは、そういうイベントの時はひっそりと身を隠してお上に逆らわないようにしてる所。
コロナ騒動の時は真っ先に閉めて批判されないようにした。

東京の歌舞伎町なんかの歓楽街が声をデカくして自粛に文句言ったのとは対照的。

↑ 初期の頃は歌舞伎町のある新宿区と
六本木のある港区がコロナ感染の中心地だった
皆に批判されて都内で営業できなくなると、
新宿のホストとか名古屋の栄に集団引っ越ししてた
飛田新地は組合長が真っ先に自粛決めてた

自粛出来てりゃ、行政が出る幕無いんだよね


橋下徹大先生がケツ持ちしてる

組合で団結して足並み揃えられるのも強さなんだろ

20年くらい前に行ったけど、ホテルに入るとタイ人女みたいなのが何人かでこっち見ていたな。

97年に行ったけど、すごい寂れた雰囲気だったのが、
夕方になると人が沢山出てきて、独特の雰囲気で怖かったな

今は無いのか

jk全員売り飛ばすのか?

国体があった時、ホテル足りなくて元遊郭の旅館まで使って批判された事はある。

随分前に外国人売春婦しかいないって噂だったし

伊勢志摩サミットで完全に壊滅したんでね?

わいが最後に行ったの15、6年前だけどフィリピン人3人日本人1人、シナ人2人だったわ。フィリピン人のちょいぽちゃちゃん1晩お願いして6、7回したわ。

夕飯はトンカツとか鶏の唐揚げなんだよね

「先生!空から売春婦が!」

ラピュタは滅びぬ

何度でも蘇るさ!

そういやうちの高校は

三度にわたって京都で日本刀を振り回したせいで俺の代では修学旅行が無かった

長吉高校    偏差値 38
大阪府内    506位/ 542件中
大阪府内公立 189位/ 210件中
全国       9175位/ 10,021件中
https://www.minkou.jp/hischool/school/825/

長吉高等学校画像

「お前らもこうなりたいのか?」と発破をかけるための修学旅行かな

最近嫁と行ったけど普通にオシャレな宿があって
同じ年くらいの若い女性客もたくさんいたよ
しょぼいビーチもあったしポテンシャルはある

ただすぐ裏には荒れ放題の廃墟みたいな家とか

巨大ホテルとかで異様な光景だった

取材してた記者が不審死した島?

↑それは北朝鮮の仕業で島民は関係ないよ

記者の不審死というのは、実は死体が発見されてるわけじゃないので、北朝鮮に拉致されたんじゃないかというような噂もあったりするんだが、失踪直前に会っていたオトコが怪しいというので逮捕されたりもしてるんだが、証拠が見つからず無罪放免。

1998年(平成10年)11月24日、午後11時ごろ、勤務先の三重県伊勢市神田久志本町の出版社「伊勢文化舎」を出た後、行方不明。翌日、会社近くの損保会社の駐車場(当時、現在は自動車会社)で本人の車が発見された。車は荒らされた様子はなかった。ただし、車内にタバコが一本残っていたこと(本人はタバコを吸わない)、車の座席が後ろになっていたこと(本人の身長と合致しない)、カーステレオのスイッチが切られていたこと(本人はいつもスイッチをつけっぱなしだった)から、本人ではない第三者が車を移動した可能性がある。前日までタイに旅行に行っており、帰国したばかりだった。失踪の直前、取材で知り合った尾鷲市在住の男性から数度本人に電話があり、その男性と駐車場で待ち合わせをしたと推測されている。同男性によれば、「自分の車の中で取材の件で辻出さんと1時間ほど話をして、別の海岸に近いところで辻出さんを降ろした」というものだった。三重県警は、同男性を被疑者として別件(別の女性の拉致監禁容疑)で逮捕したものの、裁判で無罪となった。同男性は「無罪になれば全てを話す」と語っていたが、その後一切の証言を拒否している。

渡鹿野島の取材をしようとしていたという説は周囲の人の話では否定されていて、関係はなさそうなんだが、この頃から世間の目が渡鹿野島に向けられるようになって、警察の取締りもあってか、徐々にフェードアウトして行った。まぁ、穴場情報なんていうのは、活字になったり、ネットに出たりする頃には「もう遅い」というのが通例ではあるw

中国にも下川島とかいう売春島があったようですが・・・

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54391

スケベおっさんの楽園だった中国リゾート島の興亡記
ダーティーな利権の巣窟、「下川島」でおこなわれていたこと
2018.10.19(金)
安田 峰俊
followフォローhelp
中国
シェア62

共有する
1
2
3
4
5

「下川島」のメインストリート(出所:Wikipedia)
ギャラリーページへ
◆特別公開中◆
 本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

(安田 峰俊:ルポライター)

 広東省台山市にある「下川島」という島をご存知だろうか? 香港や深圳から南西に直線距離で約150キロ、面積は山手線の内側面積の約1.5倍の100平方キロメートル弱という、そこそこ大きな島である。マカオに隣接する珠海からバスで2~3時間かけて対岸の山咀碼頭に移動、そこから更にフェリーに乗った先・・・という、なかなかアクセスが大変な場所だ。

 下川島は周囲の複数の島嶼とともに川島群島を形成しており、東隣りにある上川島はフランシスコ・ザビエルの終焉の地として知られている(晩年のザビエルは中国布教を望んだものの、大陸に上陸できずに寄港先の島で亡くなった)。

下川島の位置(Googleマップ)
拡大画像表示
ギャラリーページへ
 だが、下川島が有名なのはそうした理由からではない。人口2万人程度のこの島は往年、性産業に従事する女性を2000人以上も擁する、中国有数の売春島として名を馳せていたのである。当初は台湾人のおっさんたちにより「開拓」されたため、台湾メディアでは「荒淫の島」の異名で呼ばれていた。

 ただし、2013年の習近平政権の成立からしばらくして、下川島の性産業はほぼ壊滅している。今回の記事では中国側の文献や報道から島の歴史を振り返りつつ、「荒淫の島」が興亡したバックグラウンドについて考察してみたい。

この手の話は、好色一代男の女護ヶ島みたいなロマンがあるんですかね。

で、上級国民やお金持ちは「エロシタイン島」にお出掛け。


 ミャンマとかラオスには、事実上中共(の何者か)が支配している都市があって色々非合法なことが公然と行なわれているのである、例えばミャンマのモンラーである。
http://sekaiguide.com/post/1353/%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%BB%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%81%B8%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%89

ミャンマー・中国国境のカジノタウンへ行ってみた(1)


2016年8月25日

ミャンマー・中国国境のカジノタウンへ行ってみた(1)

怪しさ満載のミャンマー中国国境のカジノタウン・モンラーに行ってみました。街はまるで中国の田舎でした……。昔から国境にはカジノがつきものだといいますが。

有名なのはカンボジアのポイペトで、タイのバンコクからバスで3時間ほどの国境にあり、カジノ客のほとんどがタイ人。
ミャンマー国内でもタイ南部のラノーンから船で入国したところにあるコートーンというカジノ島や、タイ北部のメーサイに隣接するタチレクにもカジノが数軒あります。これらは、一部のカジノマニアや国境マニアの間ではよく知られた場所です。

ミャンマーの北東部にシャン州というエリアがあります。タイ・ラオス・中国と隣り合わせ、多くの少数民族が暮らしています。そのシャン州の中でも中国雲南省西双版納傣族自治州に接する国境の街にカジノがあり、中国人が押しかけているという話しを聞きつけました。

その街はモンラー(Meng la、勐拉=英語のWikipediaへ飛びます)

世界ガイド

モンラーはミャンマーのスペシャルゾーン?

モンラーはシャン州の中でも”シャン州東部第四特区”という、まさにスペシャルゾーンになっています。
その特徴は・・・
・掸邦東部民族民主同盟軍という軍閥(元はビルマ共産党)が実行支配している
・中国時間を適用している(ミャンマー時間とは1.5時間差)
・携帯電話の電波も中国のキャリア
・インターネットも中国域内扱いになるのでFacebookなどには基本的につながらない
・中国人民元が通用しており、ミャンマー通貨は基本的に使えない(両替所もないので米ドルなどの外貨からの両替も難しい)
・使用言語も中国語(ミャンマー語やタイ語を理解する人も探せばいる)
という、ミャンマー領内でありながら、まるで中国な場所なのです。

モンラーへのアクセス

モンラーへのアクセスですが、外国人の場合、シャン州東部の主要都市であるチャイントンから、もしくはタイ国境のタチレクから(チャイントンを経由)となります。

チャイントンからは乗り合いタクシーで約2時間半、90キロの道のりです。チャイントン出発の際、イミグレーションに行き、パスポートを預けなければなりません。預り証をもらったら、それがパスポートの代わりの身分証になりますので、大事に取り扱いましょう。同時に、イミグレーションでは乗っていく車とドライバーの登録もします。モンラーまでの道中、何箇所かチェックポイントがあり、必ず調べられますのでイミグレーションでの登録は必須です。

世界ガイド
*チャイントンのイミグレーション

チャイントンを出発しモンラーへと続くアジアハイウェイ3号線はさほどヒドイ道路でもなく、車中からミャンマーらしい里山風景を楽しんでいると、突如、道路の舗装がキレイになり、両脇にソーラーシステムをつけた街灯が現れます(それまでは街灯なし)。

世界ガイド
*舗装された道路と広告スペース付きの街灯

その先がカジノエリアなのでした。見事にわかりやすい。
カジノについては後述するとして、そこから更に15分くらい走行すると、モンラーの中心地に到着となります。そして、そのどん詰まりに緬中国境があるのです(中国側のイミグレーションは打洛口岸と呼ばれる)。

モンラーに着いた!

モンラーの街なかの佇まいは、中国の地方都市のそれとなんら変わりなく、ただ店の看板にミャンマー語表記があるのが違うくらいです。

世界ガイド
*街なかの携帯電話ショップ

世界ガイド
*中国ナンバー(なぜか広東省深センのナンバー)と、地元ナンバー(SR4)の車

モンラーの中心地には大型で新しく造られたホテルや建設中の高層ビルがたくさんあり、景気のよさがうかがえます。そして、あちこちに目につくのが”電玩城”と書かれた看板の店。電玩城とはいわゆるゲームセンターのことで、スロットやルーレットなど、マシンで賭けるタイプの店です。何故か入口にカーテンがかかり、内部が見えないようになっている店が多いのです。そんなことをしたところでバレバレなのに。

世界ガイド
*怪しい外観の電玩城

めちゃ怪しいこのホテルは!

ホテルは世界的に有名な大手ホテルチェーンの名前をつけたところに泊まってみました。ミャンマーにこの名前のホテルがあったとは存じあげませんでしたが、まあいいでしょう。

世界ガイド
*ロゴもそのまま。勐拉喜来登酒店

チェックイン時、特に身分証を求められるわけでもなく、チャイントンのイミグレーションでもらってきたパスポート預り証を見せるわけでもなく、ただ、名前を中国語(=漢字)で伝えられればOK。つまり偽名でも泊まれるということです。
支払いはもちろん中国人民元です。ミャンマーチャットでの支払いや、クレジットカードは使用不可。銀聯カード(UnionPay)は使えます。
客室のテレビチャンネルは中国のもののみ。ミャンマーのチャンネルや、CNNやBBCなどは映りません。

世界ガイド
*猫足のバスタブもありましたが、残念ながらお湯がぬるい

ミャンマー・中国国境のカジノタウンへ行ってみた(2)  につづくhttps://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d29662.558193129807!2d99.99914619046038!3d21.670867159971603!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x30d505b11fa96fa1%3A0x94100d2b25bff3e0!2sMongla%2C+Myanmar+(Burma)!5e0!3m2!1sen!2sjp!4v1472128986501

 集金平政権になって、こーいうのがまた変ってきているのかもしれない。

白人國家、列強、先進國、連合國=國連。さうした者に仲間と認められる爲には、といふか爲だけに、倭國の古い習俗は政府に依つて潰される。明治維新以降變はらぬことであるな。夜這ひの文化は世間體(白人國家に對して。だが)が良くないからと青年團に改められ、亂婚の文化は廢れていつた。子供は村落共同體で育てるから父親が誰だらうが頓着しない、といふことだつたのかも知れないが、近代化には確かにそぐはないか。だが形式的に「個人」といふ概念を輸入はして見たものゝ、未だに共同體主義・組織主義の惡弊は殘り「個人」などといふ外來思想は根附いてゐないやうに見受けられる。

> サミット、オリンピック、万博

光があれば影があり、聖があれば俗も卑もある。標題の賣春島は伊勢神宮と表裏一體ではとも思ふ譯だ。直線距離で 15 - 20 km ではないか。伊勢參りを口實に旅行をしたら賣春島で羽を伸ばす。温泉地には祕寶館やストリップ小屋の類ひがあるのは行樂地の宿命といふか旅の恥はかき捨てといふか、人間の本性のやうなものでもある。灰色風俗は皆コロナで廢業、少くとも縮小だらう。眞つ黒の賣春業がコロナ後を生き殘ることは出來なかつたと思ふのである。サミットがあらうがなからうが。

いや鹿鳴館は今も息づいてゐる、と思ふのであるな。兒童ポルノは單純所持で御繩。妻帶を禁じられたカトリック教會で兒童の性的虐待が隱然と行はれて來た反動が、白人社會の外、ユーラシア大陸の東の果てまで及んでゐるやうに思へてならなかつたり。


 (「男の”夢”が叶う島」 因果鉄道の旅 根本敬)
https://twitter.com/kimi4ma/status/935155778423361536

 ついでに
https://filmarks.com/movies/5430/reviews/27263223

人魚伝説(1984年製作の映画)
3.5
大昔、根本敬の「因果鉄道の旅」を読んでM県W島という売春島があるという話を知り、ほどなくしてそれが三重県渡鹿野島であることを知った。この「人魚伝説」のロケ地の1つが渡鹿野島となっている。私にとって海女を扱ったドラマとしてはやはり「人魚伝説」が最高傑作であり、それと比べると「あまちゃん」は物足りない。原発の描き方も偏っててバランスに欠いているが、そこがまた良いと言うか。白都真理もとてもセクシーだし、最後の虐殺シーンがカルト映画ファンにも好評なのも頷ける。この素晴らしい作品が日の目を見なくなるので、清水健太郎の逮捕の度に心を痛めておりました。

そして、監督の池田敏春は、2010年にこの「人魚伝説」のロケ地の1つである三重県志摩市のロケ地で自死した。そういう意味でも、本作は物語では無く伝説足り得るのである。

ATG#渡鹿野島#あまちゃん#池田敏春#白都真理#清水健太郎

 因果鉄道3P(スリーピー) 逝ってみたいw

>> 同市内での真珠加工、 そして(元)売春島へ

真珠で 男子のドコを改造したのか? 

ヒマなDTは、妄想ばかりして駄目だな。。。


-Uncategorized