クラウドセキュリティは、IaaS、PaaS、SaaSの傘下にあります。ガートナーは、セキュリティリスクを継続的に評価し、SaaSアプリケーションのセキュリティポスチャを管理するソリューションのために、SaaSセキュリティポスチャ管理(SSPM)カテゴリを作成しました。

SSPMチェックリスト

1,000人以上の従業員が数十から数百のアプリに依存している企業では、SaaSセキュリティ設定の詳細な可視性と修復の必要性がますます重要になっています。

効果的なSSPMソリューションは、これらの問題に答え、企業のSaaSセキュリティ体制を完全に可視化し、業界標準と企業ポリシーへの準拠をチェックするようになります。一部のソリューションは、ソリューション内から修復する機能さえ提供します。その結果、SSPMツールは、ますます複雑化するSaaS資産全体の構成ミスの修正を自動化することにより、セキュリティチームの効率を大幅に向上させ、企業データを保護することができます。

ダウンロード–究極のSaaSセキュリティポスチャマネジメント(SSPM)チェックリスト

コメントをどうぞ