カテゴリー

Uncategorized

オリジナルの雨夜花

  1. HOME >
  2. Uncategorized >

オリジナルの雨夜花

1934 雨夜花 原版蟲膠】これがオリジナルの雨夜花です。1934年に台湾人の歌手によって吹き込まれた。この時代には台湾では録音ができず、東京のスタジオに台湾のスタッフに来てもらい収録したという。

この歌の曲はもともと詩人・廖漢臣の童謡・『春』に鄧雨賢が1933年につけたものであるが、この曲を聞いた周添旺は翌年に新しい歌詞をつけた結果、ヒット曲・『雨夜花』が作り上げられた。歌詞は駆け落ちした恋人に振られた後、花柳界に堕ちたある女性の運命を雨の夜の花に喩えたものである。
1938年に台湾総督府の下で、栗原白也が作詞する軍歌・『誉れの軍夫』(霧島昇歌唱)にも改編された[1]。日本国内でも1942年に、西條八十が作詞する、渡辺はま子が唄う『雨の夜の花』に改編された[2]。
戦後はテレサ・テン、鳳飛々、胡美芳、夏川りみなどの歌手によりカバーされた。2002年11月29日に、プラシド・ドミンゴが台湾で開催するコンサートで、江蕙と一緒にこの曲を歌った[3]。

ところで変拍子の謎、なんだが、ⅰコーラス終わる時に、3/4拍子の一小節分の余韻が付け足されて、そこだけ6/4拍子になってるんですね。元が東洋的な曲をムリヤリ楽譜という西洋的な世界に封じ込めると、そういう現象が生じる。

-Uncategorized